小池都知事、「この4連休が感染拡大を食い止められるかの重要な期間」改めて訴え

東京都の小池百合子知事が24日、ツイッターを更新。東京の新型コロナウイルス新規感染者数が過去最多となったことに触れ、注意喚起を繰り返した。

小池百合子知事
小池百合子知事

検査実施は過去最高の約5000件

 東京都の小池百合子知事が24日、ツイッターを更新。東京の新型コロナウイルス新規感染者数が過去最多となったことに触れ、注意喚起を繰り返した。

 23日の新規感染者は初の300人台となる366人と発表。都民の間で衝撃が広がっている。

 小池氏は、詳細なデータを添付した上で、「20代、30代は63%。重症者は21人、死者はなし。検査実施は過去最高の約5000件。感染者は40代、50代をはじめとする世代にも拡大しており、地域も広がりがある。この4連休が感染拡大を食い止められるかの重要な期間です」とツイートし、危機感を強めた。

 そして「『感染しない、させない』行動にご協力をお願いします」と、都民に協力を呼びかけた。

 政府による観光支援策「Go Toキャンペーン」で東京は除外されたものの、4連休の真っただ中とあって人出の増加が懸念されている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください