「国際色豊かな大学ランキング」1位は国際教養大 TOEIC平均920点の英語教育

1人ひとりに合わせた学習プランを指導するオンライン受験コーチング「スタディチェーン」を運営するHUSTAR株式会社の編集部は、現役大学生・社会人を対象に「国際色豊かな大学ランキング」についてのアンケートを実施、結果を発表した。調査はインターネットで行われ、215人が回答。

スタディチェーンから引用
スタディチェーンから引用

大学キャンパスが“世界の縮図" 46か国から留学生

 1人ひとりに合わせた学習プランを指導するオンライン受験コーチング「スタディチェーン」を運営するHUSTAR株式会社の編集部は、現役大学生・社会人を対象に「国際色豊かな大学ランキング」についてのアンケートを実施、結果を発表した。調査はインターネットで行われ、215人が回答。

 1位は国際教養大学(21.4%)、2位は上智大学(20.5%)、3位は国際基督教大学(16.7%)の順番となった。東京大学は4位で8.8%。

 上位3校で6割弱を占めるという結果になった。

 国際教養大は秋田県秋田市に本部を置く公立大学。

 1クラスあたりの受講者数が平均17人程度の少人数のクラスを基本とし、優れたコミュニケーション能力と幅広い知識の修得のため、授業はすべて英語で行われている。

 また、大学別TOEIC平均スコアランキングでも1位にランクイン(平均920点)するなど圧巻の英語教育が展開されている。

 さらに学生は大学在学中に1年間の交換留学が義務付けられている。語学習得が目的ではなく、留学先の大学で専門課程を学び単位を修得することが目的と高度。

 キャンパス内は5人に1人の割合で46か国からの留学生が在籍し、また学生はほぼ全ての都道府県から集まっているため、国内外の文化が混ざり合った世界の縮図のような校風になっている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください