ラグビー8強敗退も「感動をありがとう」 著名人らが日本代表に感謝のコメント

20日に行われたラグビーワールドカップ(W杯)の準々決勝で、日本代表は南アフリカ代表に敗れた。ラグビー日本代表を応援していた芸能人やスポーツ選手らは、SNSにメッセージを投稿して日本代表をねぎらい、感謝の思いを綴った。

熱いメッセージを送った高橋克典
熱いメッセージを送った高橋克典

 20日に行われたラグビーワールドカップ(W杯)の準々決勝で、日本代表は南アフリカ代表に敗れた。ラグビー日本代表を応援していた芸能人やスポーツ選手らは、SNSにメッセージを投稿して日本代表をねぎらい、感謝の思いを綴った。

 俳優の高橋克典は「誇りだ!」と題したロングメッセージ。

 「そりゃたしかにくやしいけど、初のベスト8!!ありがとうの気持ちしかない。2019日本代表、このチームは誇りです!!ラグビーの素晴らしさを改めて教えてくれた。まずはありがとう!!も一回ありがとう!!また先の楽しみができました!!次だ次!!」などと熱い思いを綴った。

 スポーツ界からも、感謝の言葉。五輪銀メダリストで、日本フェンシング協会会長の太田雄貴はツイッターで「感動をありがとうございました」、元サッカー日本代表の前園真聖はツイッターで「ラグビー日本代表のみなさんお疲れさまでした」とねぎらいのメッセージを送った。
 
 また、日本代表のリーチ・マイケル主将のものまねでブレーク中のお笑い芸人・レイザーラモンRGは、インスタグラムでものまね写真を投稿して鼓舞するなど、エンタメ芸能界も熱い声援を送った。

(ENCOUNT編集部)