笠井信輔、三浦春馬さんの急逝に悲痛「なぜですか?なぜなんですか?」

フリーアナウンサーの笠井信輔が18日、インスタグラムを更新し、30歳で急逝した俳優の三浦春馬さんへの思いをつづった。笠井は昨年12月に悪性リンパ腫で入院し、今年4月30日に退院、6月には完全寛解と医師に言われたと公表していた。

笠井信輔
笠井信輔

インスタグラムを更新し、三浦さんに問いかけるように思いを吐露

 フリーアナウンサーの笠井信輔が18日、インスタグラムを更新し、30歳で急逝した俳優の三浦春馬さんへの思いをつづった。笠井は昨年12月に悪性リンパ腫で入院し、今年4月30日に退院、6月には完全寛解と医師に言われたと公表していた。

 笠井は「なぜですか?なぜなんですか?私は、なんとか命にすがりついてやっとの思いで病院から出てきてまた、春馬さんの舞台を、映画を、観に行けると思っていたのですよ」と三浦さんに問いかけるように記した。

 さらに「一緒にお酒を飲んでも、全く変わらなくて笑顔でみんなの話を聞いていて、とってもまじめで、さわやかで、優しくて…みんなショックでどうしていいかわかりません」と。また、「生きていれはば、生きてさえいれば、進むのか、立ち止まるのか、引き下がるのか?自分のあるべき姿が見えてきたはずですが、もうこの言葉も意味がないですよね…自分の無力さを痛感します」と悲しんだ。

 最後は「春馬さんをこの世に取り返すことができないことが虚しくて悲しくて辛いです 春馬さん どうか、安らかに…」と別れを告げた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください