三浦春馬さん、SNS上で“なりすまし被害“か 事務所が注意喚起していた

人気俳優の三浦春馬さんが都内の自宅で死亡したと18日午後、日本テレビが報道した。フジテレビも午後3時半ごろ、「自殺とみられる」とテロップで速報した。

三浦春馬さん【写真:Getty Images】
三浦春馬さん【写真:Getty Images】

「SNS上における三浦春馬なりすましアカウントについて 」

 人気俳優の三浦春馬さんが都内の自宅で死亡したと18日午後、日本テレビが報道した。フジテレビも午後3時半ごろ、「自殺とみられる」とテロップで速報した。

 死因との因果関係は不明なものの、所属事務所「アミューズ」の公式サイトでは、三浦さんのプロフィール欄に、「SNS上における三浦春馬なりすましアカウントについて」と注意喚起していた。

「最近、三浦春馬本人になりすましたソーシャル・ネットワーキング・サービスの報告が多数寄せられております。同姓同名あるいは『OFFICIAL』などと謳っているケースも見受けられます」と三浦さんが“なりすまし被害“に遭っていたことを明かし、公式に運営しているサービスとして、三浦さんの公式スタッフツイッター、公式Weibo、公式インスタグラムのURLを明記。

「お間違いのないようご注意ください」とファンに呼びかけていた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください