三木谷浩史氏、Go To開始時期に苦言「感染が落ち着いてからにしないと…」

インターネット通販大手・楽天の代表取締役会長兼社長を務める三木谷浩史氏が17日、自身のツイッターを更新。政府の観光支援策「Go Toトラベルキャンペーン」について、「臨機応変な対応を」と苦言を呈した。

三木谷浩史氏【写真:Getty Images】
三木谷浩史氏【写真:Getty Images】

ツイッター更新 「臨機応変な対応をして欲しい」と政府に求める

 インターネット通販大手・楽天の代表取締役会長兼社長を務める三木谷浩史氏が17日、自身のツイッターを更新。政府の観光支援策「Go Toトラベルキャンペーン」について、「臨機応変な対応を」と苦言を呈した。

 同キャンペーンは、当初の8月から前倒しし、今月22日から始まることになっているが、地方自治体の首長や世論から反発の声が上がり、16日に「東京除外」が決定。混乱ぶりが露呈している。

 さらに、新型コロナウイルスの感染が再拡大している状況もある。三木谷氏は「流石にGoToは、感染が落ち着いてからにしないと行けないと思う」ときっぱり。そのうえで、「政府は、これを決定したタイミングではこのように陽性患者が急増するとは想定していなかったはずなので、臨機応変な対応をして欲しい」と、政府対応について自身の見解を示した。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください