佐藤玲、慣れないピアノの演奏シーンに「私が努力したことをみんなに分かってほしい」

女優の佐藤玲と俳優の笠松将が17日、東京・アップリンク吉祥寺で、公開初日を迎えたダブル主演映画「ドンテンタウン」の舞台あいさつを、井上康平監督とともに行った。

舞台あいさつを行った(左から)井上康平監督、佐藤玲、笠松将【写真:ENCOUNT編集部】
舞台あいさつを行った(左から)井上康平監督、佐藤玲、笠松将【写真:ENCOUNT編集部】

佐藤玲&笠松将ダブル主演映画「ドンテンタウン」公開初日に舞台あいさつ

 女優の佐藤玲と俳優の笠松将が17日、東京・アップリンク吉祥寺で、公開初日を迎えたダブル主演映画「ドンテンタウン」の舞台あいさつを、井上康平監督とともに行った。

 本作は、曇天が続く街を舞台に「記憶」と「現実」が交差していくひと夏の物語だ。佐藤は「最初に頂いた台本は今回、完成した作品とは全く違うストーリーと言っても過言ではないくらいでした」と明かすと、「でも、これはこれで面白いし、シンパシーを感じるところがたくさんあり、ぜひ、やりたいと思いました」と話した。

 作品にはピアノの弾き語りの場面がある。ピアノもギターも上手に弾けないという佐藤はシンガー・ソングライター役を演じ、「ピアノの練習を1人でして何とかなったような感じ。私が努力したことをみんなに分かってほしい。大変な9日間でした」と明かした。

 一方の笠松は「面白そうだなと思ってやらせていただきました」とあいさつすると、現実と妄想を行き来するような複雑なキャラクターを演じたことに「別だと思って、2つあると思って演じた。でも好きなんです。二面性とか極端に感情が動く役が好きなんです。そこも台本を読んで面白いと思ったポイントでした」と紹介した。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください