小林麻耶、「Go Toキャンペーン」前倒しに「反対」 東京の感染拡大を危惧

16日放送のTBS系「グッとラック!」は、地方自治体の首長から批判が殺到している政府の観光支援策「Go Toキャンペーン」について取り上げた。

小林麻耶
小林麻耶

立川志らく「みんなで旅行に行きましょうって国が言っている場合か」

 16日放送のTBS系「グッとラック!」は、地方自治体の首長から批判が殺到している政府の観光支援策「Go Toキャンペーン」について取り上げた。

 スタジオで「このタイミングで実施することに賛成ですか、反対ですか」とゲスト陣に問うと、「賛成」が多数を占める中、元TBSのフリーアナウンサーの小林麻耶は反対の立場を表明した。

「東京は新規感染者数も増えてましたし、警戒レベルも最高ですので、今、この時期にやることではないと思う。Go Toキャンペーンを考えた時には、夏には感染者が減少するだろうということを見立てて考えられたことだと思うんですけど、今こういう状況なので、柔軟に変えていっていいのではないか」と、開催時期の変更を求めた。

 また、MCを務める落語家の立川志らくは「東京から行くのは反対。あと早すぎる。前倒しする必要はない。自粛後一番広がったわけですよ。さらに災害があって、コロナが広がった時に、国がみんな旅行に行きましょうっておかしくないですか?」とタイミングを疑問視。

「東北の震災があった時、みんなどうしましたか? しばらくは娯楽もみんな抑えたじゃないですか。九州の人たちがあれだけみんな困って大騒ぎしている中に、みんなで旅行に行きましょうって国が言っている場合か」と語気を強めた。

 同キャンペーンを巡っては小池百合子都知事が「時期や方法など、よーくお考えをいただきたい」、大阪府の吉村洋文知事も「全国的なGo Toキャンペーンは今やるべきではない」と発言。政府は16日に専門家の意見を聞いた上で、国土交通省が判断するとしているが、逆風にさらされている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください