「親バカ青春白書」中川大志、ムロの姿に「安心感」 撮影スタイルには「怖さ感じます」

8月2日にスタートする日本テレビ系新日曜ドラマ「親バカ青春白書」(午後10時30分~)に出演する中川大志が、撮影現場の雰囲気や主演のムロツヨシの印象などについて語るインタビューが到着した。

「親バカ青春白書」に出演する中川大志【写真:(C)日本テレビ】
「親バカ青春白書」に出演する中川大志【写真:(C)日本テレビ】

「本番で何が起きるか…という怖さを感じる」

 8月2日にスタートする日本テレビ系新日曜ドラマ「親バカ青春白書」(午後10時30分~)に出演する中川大志が、撮影現場の雰囲気や主演のムロツヨシの印象などについて語るインタビューが到着した。

 本作は笑いのヒットメーカー・福田雄一による、原作のない完全オリジナルドラマ。ムロがGP(ゴールデン・プライム)帯連続ドラマで初主演を務め、娘が大好きすぎるあまり娘と同じ大学の同級生になってしまう父親を演じる。中川が演じるのは、ムロの娘・さくら(永野芽郁)の恋人候補という役どころだ。

 新型コロナウイルスの影響で顔合わせなどの準備が満足にできない状況を「僕も含めてみんな不安があったと思う」とし、撮影現場は「すごく楽しい」と語った。その理由については「ムロさんがすごく盛り上げてまとめてくださる」と明かした。

 コントなどでムロと共演している中川だが、現場でのムロについて「空気も違うし印象も違う」と話した。福田監督とムロの信頼関係を見て「長い間一緒にやられてるお二人なので、その点が特に『この現場でしか見られないムロさんだな』と思いますし、そこに安心感があります」と語った。

 福田監督とは役作りに関してそれほど話していないらしく、「リハーサルもテストも最小回数しかしていなくて、新鮮な状態でどんどん撮っていく感じなので、本番で何が起きるか……という怖さも感じてます(笑)」と吐露。

「演じている僕たち自身が楽しんでいることが第一」だとし、「とにかく、ハタケ(畠山)というキャラクターを、“一緒にいるみんなを包み込むような……男女問わず一緒にいると安心する”キャラにしたいと思っている」と意気込んだ。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください