シャープ公式ツイッター“中の人”が困惑!?「とうとうシャープマスクに当選しました」

シャープの公式ツイッターが10日、ツイッターを更新。抽選販売を行っているシャープマスクの抽選についに“中の人”が当選したことを明かした。

毎週、抽選で販売されているシャープのマスク
毎週、抽選で販売されているシャープのマスク

“中の人”は倍率100倍の関門を“突破”

 シャープの公式ツイッターが10日、ツイッターを更新。抽選販売を行っているシャープマスクの抽選についに“中の人”が当選したことを明かした。

 この日、「たいへん申し上げにくいのですが、とうとうシャープマスクに当選しました」とツイート。どうやらシャープマスクの販売抽選に当選したようだ。

 シャープは、新型コロナウイルスの影響でマスク不足となったことから、4月21日から個人向けマスクの販売を「SHARP COCORO LIFE」のECサイトにて先着受付で開始した。しかし、マスク購入希望者が殺到し、サーバーが“パンク”。27日から販売方法を抽選受付に変更した。

 しかし、27日に行われた初回抽選は、用意された4万箱に対し、応募者は470万6385人と殺到。倍率はなんと117倍となった。その後も毎週水曜日に抽選が行われ、抽選販売が続けられていた。

 マスク抽選に1度応募すると、自動的にその後も抽選対象となり、7月8日に行われた第11回抽選販売の応募者総数は851万5139人となった。そして、8万6000人の当選者に9日までに当選通知メールを送ったと発表されている。用意されたマスクは倍以上に増加してはいるものの、倍率は未だに約100倍といかに当選することが困難かがわかる。

 市場にマスクが流通するようになったとはいえ、未だに購入するには高倍率の抽選を“突破”しなくてはならない「シャープマスク」。次回の抽選は15日(応募締切は14日正午)、当選者数は8万6000人が予定されている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください