バイク川崎バイク、世にも奇妙な“超短編”小説集で衝撃の作家デビュー 8・12発売

お笑い芸人のバイク川崎バイクが、世にも奇妙な“超短編”小説集で作家デビューすることがわかった。8月12日に「BKBショートショート小説集 電話をしてるふり」(1200円+税)がワニブックスより発売される。

「BKBショートショート小説集 電話をしてるふり」
「BKBショートショート小説集 電話をしてるふり」

「note」に投稿し大反響を呼んでいた超短編小説

 お笑い芸人のバイク川崎バイクが、世にも奇妙な“超短編”小説集で作家デビューすることがわかった。8月12日に「BKBショートショート小説集 電話をしてるふり」(1200円+税)がワニブックスより発売される。

 バイク川崎バイクが作品投稿サイト「note」に投稿し、大反響を呼んだ「すぐ読めて、もう一度読み返したくなる」BKBのショートショート(超短編小説)が待望の書籍化される。

 SNS上でも話題沸騰の表題作「電話をしてるふり」のほか、「note」投稿作品を厳選。さらに書き下ろし5作を加えた全50作品が収録される。また、著者によるセルフレビュー付きとなっており、恋愛、ミステリー、SFと思わず涙しちゃう感動作からクスッと笑えるブラックコメディーまで、多彩なジャンルで魅せる大どんでん返しの連続が、読者の予想を裏切り続ける1冊となる。

 小説家の吉本ばななは「Bばなな K感心 Bびっくり! 彼はいつも少しだけ哀しい、別の世界を見ているんだね」と帯コメントを寄せている。

 また、バイク川崎バイクも10日、自身のツイッターで「コツコツ書いたショートショート短編小説が本になりました!ブック感謝バクハツBKB!とかのノリは全くない本です。嬉しいです。お手にとって頂ければ幸いです」とつづった。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください