新幹線「ほぼ全席修学旅行生」の状況に困惑も…学生の“配慮”に感謝「人生に幸あれ」

俳優の三浦貴大が新幹線で修学旅行生と乗り合わせたことを26日、自身のXで明かした。「車両貸切じゃ無いんだね」と驚きをあらわにしている。

三浦貴大【写真:ENCOUNT編集部】
三浦貴大【写真:ENCOUNT編集部】

「修学旅行って車両貸切じゃ無いんだね」と驚き

 俳優の三浦貴大が新幹線で修学旅行生と乗り合わせたことを26日、自身のXで明かした。「車両貸切じゃ無いんだね」と驚きをあらわにしている。

名バイプレイヤーの愛車は1963年製の外国車…驚きのカスタム総額とは?(JAF Mate Onlineへ)

 三浦は「新幹線乗ったらその車両がほぼ全席修学旅行生。乗って行った時、ギョッとされたけど、俺も同じ気持ちだったよ」とそのときの状況を告白。

 そして「ちなみに隣の席も学生。そんで俺窓側。ごめんな。富士山とか見たかったよな…冗談でもなんでもなく、ほぼ満席の学生。その中にポツンとアラフォー。『ま…窓側座りますかぁ?』の勇気が俺にはなかったぜ。そもそも、行きなのか帰りなのかもわからないけれど、思い出に残る旅行だったら良いな」とつづった。

 さらに「修学旅行って車両貸切じゃ無いんだね。ビックリした。そして隣の席の学生さん。俺が降りる準備を始めたら、察してすぐにスッとテーブルを畳んでくれてありがとう。そんな小さなことでも、他人は嬉しいのだ。これからに人生に幸あれ」とリプライ欄に追記している。

 この投稿には「三浦さんがグリーン車ではないのにビックリしました」「両方 いい思い出ですね」「確かに学生の中に入るのはギョッとして戸惑いますね!」という声が寄せられた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください