「24時間テレビ」のメインパーソナリティーは5人、キャプテンはV6の井ノ原快彦

今年の日本テレビのチャリティー番組「24時間テレビ」のメインパーソナリティーのキャプテンをV6の井ノ原快彦が務めることが6日、分かった。この日、放送の「スッキリ」で発表された。井ノ原は2015年に続き5年ぶり3回目。メインパーソナリティーは5人で、他の4人は番組内で明かされなかったが、グループと世代の垣根を超えた形とされ、昼に放送される「ヒルナンデス!」で発表するとした。

日本テレビ
日本テレビ

日本テレビで8月22、23日に放送、会場は無観客の東京・両国国技館

 今年の日本テレビのチャリティー番組「24時間テレビ」のメインパーソナリティーのキャプテンをV6の井ノ原快彦が務めることが6日、分かった。この日、放送の「スッキリ」で発表された。井ノ原は2015年に続き5年ぶり3回目。メインパーソナリティーは5人で、他の4人は番組内で明かされなかったが、グループと世代の垣根を超えた形とされ、昼に放送される「ヒルナンデス!」で発表するとした。

 井ノ原は「ちょっと前にキャプテンと言われた」と語ると、他の4人と比べ「年齢的にも一番上ということなんでしょうね」と語った。

 番組ではテーマを「動く」と紹介。井ノ原は「どうやって動けばいいか、工夫ですでに動くが始まっている。みんなで考えていこうということ」と説明した。

 放送は8月22、23日、会場は東京・両国国技館。新型コロナウイルスのリスクを避けるため無観客で放送するという。

 井ノ原は「とにかく安全第一」と語った。さらに対面募金を行わず、キャッシュレス募金を行うことも説明。「新たなシステムをできるだけ使っていけたらいい」と話した。

 また、井ノ原は「今年はマラソンはやりません」と説明。公道を使ってのチャリティーマラソンは行わないとした。ただ、これから話し合い「何かチャレンジできることがあれば密にならない状態でやりたい」と語った。

 最後に井ノ原は「今年はいつも通りの『24時間テレビ』を作ることはできません。スタッフ、そして、このあと紹介する後輩、20代、30代と僕40代、それぞれ世代のリアルな気持ちで今年の『24時間テレビ』を作っていきたいと思います」と語った。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください