広瀬香美、YouTube「歌ってみた」の人気ぶりに「想像もしていませんでした」

シンガー・ソングライターの広瀬香美が5日、東京・ブルーノート東京で、コンサート「広瀬香美SUMMER TOUR 2020~Singing with 鳥山雄司&武部聡志~」を新型コロナウイルスの影響を考慮し、無観客・配信ライブの形で行った。ブルーノート東京からギタリストの鳥山雄司氏、ピアニストの武部聡志氏を迎えてステージを盛り上げた。

ブルーノート東京で無観客・配信ライブを行った広瀬香美
ブルーノート東京で無観客・配信ライブを行った広瀬香美

ブルーノート東京で熱唱、開演前に会見も

 シンガー・ソングライターの広瀬香美が5日、東京・ブルーノート東京で、コンサート「広瀬香美SUMMER TOUR 2020~Singing with 鳥山雄司&武部聡志~」を新型コロナウイルスの影響を考慮し、無観客・配信ライブの形で行った。ブルーノート東京からギタリストの鳥山雄司氏、ピアニストの武部聡志氏を迎えてステージを盛り上げた。

 開演前に、会見を行った広瀬は「めちゃめちゃ楽しみです。ミュージシャンなので音楽しか取り柄がありませんから。歌声、サウンドで皆さんを元気にしたい。そういう意気込みで声高らかに歌いたい」と語った。

 YouTubeチャンネル「広瀬 香美 Official YouTube channel」の「歌ってみた」のコーナーが人気を得ている。広瀬は「自粛で家にいる時間が長かったから気分が落ち込み、明るい楽曲、新曲を書く気分じゃないと思っている中、YouTubeを開設したし、と思ってやり始めたらこんなになっちゃった。想像もしていませんでした。びっくりしています。この反応に」と語った。

「歌ってみた」では肘を使ったりと、激しいタッチでピアノを演奏している。「私の日常だから」と語ると「ピアノは打楽器だと思っています」と笑った。自粛中は音楽を堪能する時間に費やしたと語ると「新曲ゼロです。『歌ってみた』ばっかりやっていました」と紹介した。7日の七夕に短冊に書くのは「次の『歌ってみた』の納品日なので、それがうまくいきますように」と笑った。

 今回の収益の一部は新型コロナの医療従事者に寄付される。また、ここ数日の豪雨は熊本県などに深刻な被害をもたらしている。広瀬は「父が熊本出身なので心配しています」と語った。続けて「心を込めて歌わせていただきます」と新型コロナの医療従事者だけでなく被災者に向けても歌うとした。

 また、配信という形には「カメラさんは私をズームアップしてくれると思う。いろんなアングルを家でくつろいで楽しんでほしい」。また「配信ならではのリラックスした、いつものコンサートとは違う特別なショーになると思います」と語った。

 一方、本番のステージが始まると、広瀬は、配信される世界に向け「ぜひ全世界の皆さま、私たちを呼んで」とアピール。ヒット曲「promise」や「ロマンスの神様」などを披露した。また人気企画「歌ってみた」のコーナーも「マイルドバージョンなのよ」と語り、控えめながらライブで初めて実施した。

 終盤には「少しの期間、我慢して直接お会いしたい」「また秋ね」とファンに呼び掛けていた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください