元デスティニーズ・チャイルドのケリー・ローランドが“セレブ破産”告白で波紋

米人気グループ「デスティニーズ・チャイルド」の元メンバーで歌手のケリー・ローランドが“セレブ破産”を告白し、波紋を広げている。米地元紙「ニューヨーク・ポスト」が報じている。

ケリー・ローランド【写真:Getty Images】
ケリー・ローランド【写真:Getty Images】

米紙が報じる 「あの瞬間を忘れることはないでしょう」 

 米人気グループ「デスティニーズ・チャイルド」の元メンバーで歌手のケリー・ローランドが“セレブ破産”を告白し、波紋を広げている。米地元紙「ニューヨーク・ポスト」が報じている。

 3000万枚以上のアルバムを売り上げた伝説のグループのメンバーとして有名なローランドは、ソロとしても全米1位のヒットシングルを記録するなど、世界的人気スターとなった。

 そんな39歳のセレブは、若くして破産状態に陥った過去を告白している。

「私は金持ちの破産者だったの。あの瞬間を忘れることはないでしょう。親友に電話して、どうすればいいのか分からないと電話で相談したの」――。YouTubeのインタビューでローランドはかつての自分自身をこう振り返ったことを紹介されている。

 記事では「ケリー・ローランドは史上最も成功したグループのメンバーでありながら、無分別な散財でほぼ破産したと語った。デスティニーズ・チャイルドのスターはほとんど“すべて”を失ったと語った。理由は豪華な衣装、車、家など周囲に追いつくために、使い込みすぎたのだ」と報じている。

 破産脱出のきっかけは、危機的状況でも「教会に寄付しなさい」という友人のアドバイスだったという。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください