古舘伊知郎 21年ぶり会場でプロレス実況!アントニオ猪木引退試合以来の“伝説”復活

フリーアナウンサーの古舘伊知郎(64)が13日、都内で行われたイベント「尿酸値プロレス Presented by 明治プロビオヨーグルトPA-3」で新日本プロレスの現役レスラーらと共演。この日限定のスペシャルマッチで伝説の名実況を復活させた。

次々に古舘節が飛び出し試合は大盛り上がり
次々に古舘節が飛び出し試合は大盛り上がり

特別イベント「尿酸値プロレス Presented by 明治プロビオヨーグルトPA-3」

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎(64)が13日、都内で行われたイベント「尿酸値プロレス Presented by 明治プロビオヨーグルトPA-3」で新日本プロレスの現役レスラーらと共演。この日限定のスペシャルマッチで伝説の名実況を復活させた。

 尿酸値プロレスとは、株式会社明治が現在も第一線で活躍し尿酸値と戦う古舘の実況と、プロレスラーの戦う姿を通して「全国の尿酸値と戦う世代にエールを送りたい」と企画した特別イベント。“尿酸値が気になる世代が集う!戦う!応援する!”がスローガンの当イベントには100組200人が招待された。

 10分間のスペシャルマッチは、若干尿酸値の高い謎の覆面レスラー“尿酸値気になりマスク”が永田裕志(51)と組み、“テンコジ”こと天山広吉(48)&小島聡(49)と対戦。獣神サンダー・ライガーは解説として参戦した。古舘が会場でプロレス実況をするのは、1998年4月4日に行われたアントニオ猪木引退試合以来で21年半ぶりとなる。

 リング上で熱いファイトが繰り広げられ「大胸筋の地殻変動とも言われます小島聡!」「鉄砲水のようなブレーンバスター!」と古舘節が炸裂。注目の“尿酸値気になりマスク”は、ヒップアップ、アンクルホールドなど、新日本プロレスの某レスラーを思わせる動きで大活躍。しかし、後半は痛風の発作が出てしまい失速。それでも10分間最後まで戦い抜き、古舘の熱い実況と4選手の熱戦で尿酸値と戦う世代を勇気づけた。

古舘(右から3人目)と新日本プロレスのレスラーが夢の共演
古舘(右から3人目)と新日本プロレスのレスラーが夢の共演

「プロレススーパースター列伝」級のエピソード披露に選手もファンも大興奮

 スペシャルマッチ後に行われた古舘とレスラーによるトークショーでは、少年時代からプロレスファンの天山が「古舘さんの実況が大好きで、古舘さんに憧れてプロレス界に入ったと言っても過言ではない」と告白し、「人間山脈」「闘いのワンダーランド」といった名フレーズを絶賛。古舘はテンコジについて「筋肉の叶姉妹」、また対戦した永田について、永田の弟がオリンピック銀メダリスト、妹が世界的なネイルアーティストであることに触れ「戦う幕の内弁当」と表現して選手を喜ばせた。

 古舘は現役レスラーの食生活について質問。「バカ食いしている人はいないか?」と尋ねると、中西学の大食いエピソードが明かされ、ライガーは「バイキングなのに食べすぎて(ホテルの)おばちゃんに怒られた」と笑いを誘った。古舘は往年の外国人レスラーのエピソードを披露。「スタン・ハンセンが焼き肉を17万円分も食べた!」「ハルク・ホーガンが缶ビールを200本も飲んだ!」などなど、「プロレススーパースター列伝」級のエピソードで来場者を驚かせた。

 さらに古舘は、“尿酸値気になりマスク”に「ここでマスクを脱ぐのは無理ですか?」と無茶振り。現場スタッフからまさかのOKが出てマスクを脱ぐと、その正体は会場にいた誰もが予想した通り田口隆祐(40)だった。最後は来場者と記念撮影を行い、「P・A・3!」の大合唱でイベントは幕を閉じた。

大活躍の“尿酸値気になりマスク”がMVPに選ばれた
大活躍の“尿酸値気になりマスク”がMVPに選ばれた

 イベント後の囲み取材で久しぶりのプロレス実況を終えた古舘は「尿酸値とプロレス。えっ!っていうものが合体しているから、及第点はもらえるかな。実況のパターンとしてはまだまだな所があったので10点満点で6点」と自己評価。

 棚橋弘至、オカダ・カズチカらが活躍する現在のプロレスについては「令和のプロレスになり、どんどん進化している。付いていけないところと、スゴいなと感服するところ、両方あります。バーチャル・リアリティじゃないの?と思わせるところもあるじゃないですか。昔以上に科学的に鍛え上げて、甲冑を身に着けていないと、あと気合も入れないとダメなんだというのが分かります」とコメント。

 また、来年1月4、5日の東京ドーム大会で引退するライガーには「これからのライガーさんの人生、あすなろの精神でプロレス界の育成も含めて、いろんなことを前向きにやっていただきたい。長い間の選手生活、一足早いですけどお疲れさまでした」とメッセージを送った。

(イシイ ヒデキ/Hideki Ishii)