神田うのが31年間所属した事務所を退社した背景…プライベートと仕事のバランス意識

タレント神田うのが所属事務所を6月30日付で14歳から31年間所属した事務所「スペースクラフト・エンタテインメント」を退所した。同日、公式インスタグラムで発表した。

神田うの【写真:Getty Images】
神田うの【写真:Getty Images】

公式インスタグラムで発表、今後は個人事務所で活動

 タレント神田うのが所属事務所を6月30日付で14歳から31年間所属した事務所「スペースクラフト・エンタテインメント」を退所した。同日、公式インスタグラムで発表した。

 うのをよく知る関係者は退社の主な理由について、「妻であり母でもあるうのは、日頃からプライベートと仕事の両立、バランスを意識していた。自立することがバランスをとるにはベター、自立してやりたいという気持ちになったからだと思う」と説明した。

 うのはインスタグラムに「私事ですが、31年間所属していたスペースクラフト・エンタテインメントを本日6月30日付けにて退社することになりました。14歳から所属させて頂き、これまでたくさんのことを勉強させて頂きました。社長を始めとし、関係者の皆様、スタッフの皆様には深く感謝しております」と報告し、周囲への感謝も示した。

 さらに「社長はモデル時代から芸能界の父として私を育てて下さいました。穏やかで優しい社長はワガママな私を育てながらも自由にさせて下さり私はそれに甘えてきました。感謝しかありません。そして社長はこれからも暖かく見守って下さるとの事、本当に有り難いです。今後も自分のペースで個人事務所として活動して参りますので、どうぞ変わらぬ応援宜しくお願い致します」と記した。

 一方、別の関係者によると、事務所はこれまでエンターテインメント事業、モデル事業、音楽系事業などを事業ごとに別法人としていたが、これらを1つに統合し、3日から「スペースクラフト・エージェンシー」という新社名で社員一丸となって新たなスタートを切るという。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください