渋谷すばる ファンイベントでサプライズライブ! 満ちあふれたソロデビューの覚悟

10月9日にアルバム「二歳」でソロデビューを果たした渋谷すばる(38)が、8日に大阪・なんばHatchで、9日に東京・品川のステラボールで、アルバム発売を祝う無料上映会「babu会 vol.0」を行った。上映会にはオフィシャルファンクラブ「Shubabu(シュバブ)」の中から抽選で選ばれた会員約2000人(東京・大阪合計)が招待され、渋谷がサプライズで姿を現し、ライブを披露。ファンを大喜びさせた。

サプライズ登場した渋谷すばる【写真:タイコウクニヨシ 】
サプライズ登場した渋谷すばる【写真:タイコウクニヨシ 】

上映会イベントで2曲をバンド演奏で披露 アルバム「二歳」でソロデビュー

 10月9日にアルバム「二歳」でソロデビューを果たした渋谷すばる(38)が、8日に大阪・なんばHatchで、9日に東京・品川のステラボールで、アルバム発売を祝う無料上映会「babu会 vol.0」を行った。上映会にはオフィシャルファンクラブ「Shubabu(シュバブ)」の中から抽選で選ばれた会員約2000人(東京・大阪合計)が招待され、渋谷がサプライズで姿を現し、ライブを披露。ファンを大喜びさせた。

 上映された映像は初回限定盤特典DVDに収録されているドキュメンタリー「アルバム『二歳』制作ドキュメント」「東南アジアバックパックドキュメント」と、東南アジアバックパック旅行の際の映像を使って編集した「スバァリーを探せ」の3本。いずれも飾らない渋谷の姿がファンに存分に披露された。

「二歳」収録の12曲は全曲、渋谷が作詞作曲編曲を行っている。「アルバム『二歳』制作ドキュメント」では、音にこだわる渋谷が買い集めた太鼓や鉄琴を試してみたり、目をキラキラさせながらミキサーを操作したりして、作りだしたい音楽へ少しでも近づこうとする渋谷の音楽愛全開のレコーディング風景がおさめられている。

2曲を熱唱した【写真:タイコウクニヨシ 】
2曲を熱唱した【写真:タイコウクニヨシ 】

「東南アジアバックパックドキュメント」はカンボジア、タイ、シンガポールなど東南アジアの国々をバックパックを背負い、ギターを持って、予定を立てずに旅したプライベート映像。日焼けもヒゲも気にせず、太陽と風を全身に浴びながら“生”の喜びを満喫する姿が映し出されている。

 旅をするうち、すっかり現地の人に溶け込み、どこにいるかわからないほどになった渋谷を探す映像に編集したのが、「ウォーリーをさがせ!」ならぬ「スバァリーを探せ」。意外な渋谷のおどけた素顔がうかがえる。

 イベントはこの3本を渋谷のトークでつないだ映像だけかと思いきや、大音量の音楽とまぶしいライトで会場が満たされ、スクリーンの白幕が降ろされると、4人のバンドメンバーを従えた渋谷がステージ中央に。ファンは2階席まで総立ちになると、「ワレワレハニンゲンダ」「アナグラ生活」の2曲を熱唱する渋谷に声援を送った。

来年にはライブツアーが行われる【写真:タイコウクニヨシ 】
来年にはライブツアーが行われる【写真:タイコウクニヨシ 】

 渋谷はトークなしで上手に引けたが、その後、アルバムの1曲目のMV「ぼくのうた」の映像がフルコーラスで流された。上半身裸、首にマイクのコードを巻き付け、切羽詰まった表情で「歌を歌わせていただけませんか!」と絶唱するすばるに、ファンはソロデビューに込めた渋谷の熱い想いを受け止めたことだろう。

 最後に、2020年1月から全国8か所と上海など海外3か所でのツアー予定が発表され、「絶対来い。今日はありがとう。待ってます。愛してます。渋谷すばる」と書いた渋谷の直筆メッセージが映し出されると、ファンから歓喜の声が。渋谷の再スタートに期待が高まった。

【イベント後に発表された渋谷すばるコメント】
「久しぶりのライブ、初めての海外公演、楽しみです!是非、来て下さい!」

【渋谷すばる LIVE TOUR 2020】
1/28(火) 幕張メッセ
1/29(水) 幕張メッセ
2/6(木) 仙台サンプラザホール
2/10(月) 広島文化学園HBGホール
2/11(火・祝) 山口市民会館 大ホール
2/14(金) 静岡市民文化会館 大ホール
2/17(月) 名古屋国際会議場センチュリーホール
2/20(木) 札幌文化芸術劇場hitaru
2/21(金) 札幌文化芸術劇場hitaru
2/25(火) 福岡サンパレスホテル&ホール
2/26(水) 福岡サンパレスホテル&ホール
※上海、台北、香港公演開催予定

(ENCOUNT編集部)