『不適切にも』でまさかの「大河とコラボ」の声 市郎の姿に「まーちゃん降臨?」「わざとやってるだろ」

俳優の阿部サダヲが主演を務めるTBS系連続ドラマ『不適切にもほどがある!』(金曜午後10時)の第8話が15日に放送された。大河ドラマを彷彿(ほうふつ)とさせるシーンにSNSでは「わざとやってるだろクドカンよ~!」などの声が上がっている。

『不適切にもほどがある!』のあるシーンが「わざと?」と話題に【写真:(C)TBS】
『不適切にもほどがある!』のあるシーンが「わざと?」と話題に【写真:(C)TBS】

ドラマ『いだてん』も宮藤官九郎氏が脚本

 俳優の阿部サダヲが主演を務めるTBS系連続ドラマ『不適切にもほどがある!』(金曜午後10時)の第8話が15日に放送された。大河ドラマを彷彿(ほうふつ)とさせるシーンにSNSでは「わざとやってるだろクドカンよ~!」などの声が上がっている。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 同作は、阿部演じる昭和のおじさん・小川市郎が、ひょんなことから1986年から2024年の現代へタイムスリップし、令和では“不適切”なコンプライアンス度外視の発言をさく裂。コンプラで縛られた令和の人々に考えるキッカケを与えていく意識低い系タイムスリップコメディー。宮藤官九郎氏が脚本を務める。

(※以下、ドラマの内容に関する記述があります)

 今回のサブタイトルは「1回しくじったらダメですか?」。市郎のもとには、過去に起こした不倫スキャンダルによって閑職に追いやられていた入社7年目のアナウンサー・倉持猛(小関裕太)が相談に来る。復帰の目処が立っていたにもかかわらず、リスクマネジメント部の部長が栗田(山本耕史)に変わったことで白紙に戻されてしまったという。

 市郎は、倉持から不倫の経緯について「東京オリンピックの強化合宿に同行取材をさせていただいて」と説明を受けると「何!? 東京でオリンピック!?」と立ち上がった。すぐさま「3年前、ああ……クソ見れねえ」と腰を下ろした。

 続けて倉持がメインキャスターとして、スケボー競技の実況担当になったと話すと、再び市郎が「何!? オリンピックでスケボー!?」と立ち上がった。東京大会から正式種目になったことを聞かされるや「ああ……」とまたも腰を下ろしていた。

 この市郎の過剰反応に、今作と同じく宮藤氏が脚本を手がけて阿部も出演したNHKの大河ドラマ『いだてん』を想起した人が多かったようだ。SNSでは、「まさかのw大河とのコラボw」「あんたが招致に尽力したんだろ!あ、それは1回目か!ややこしいな!わざとやってるだろクドカンよ~!」「阿部サダヲから東京オリンピックって聞くと胸が熱くなる!」「あ、どちらもクドカンさんだった」の声が。

 さらに、阿部が『いだてん』で演じた、東京オリンピック招致を成功させた人物“まーちゃん”こと田畑政治になぞらえて、「まーちゃんでしかなかった」「時々まーちゃんになってたよね?」「案の定みんなまーちゃん言ってて草」「1964年のオリンピックを招致したまーちゃん!」「一瞬『いだてん』のまーちゃん降臨?」といった声も上がっていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください