中澤佑二が久保君に「薦めてみようかな」アスリートが語る人生ゲームスポーツ版

スポーツをテーマに据えた盤ゲーム「人生ゲーム スポーツ」の先行体験&トークイベントが10日、都内で行われた。スポーツの秋にちなみ、ラグビーW杯2019アンバサダーの大畑大介(43)、柔道家の篠原信一(46)、元サッカー日本代表の中澤佑二(41)、パルクール選手の泉ひかり(23)が集結し、競技人生を語り合った。MCはフリーアナウンサーの木佐彩子(48)が務めた。

イベントに登場した(左から)中澤佑二、木佐彩子、大畑大介、篠原信一、泉ひかり
イベントに登場した(左から)中澤佑二、木佐彩子、大畑大介、篠原信一、泉ひかり

初のスポーツがテーマ「人生ゲーム スポーツ」 レジェンドアスリートがトークイベント

 スポーツをテーマに据えた盤ゲーム「人生ゲーム スポーツ」の先行体験&トークイベントが10日、都内で行われた。スポーツの秋にちなみ、ラグビーW杯2019アンバサダーの大畑大介(43)、柔道家の篠原信一(46)、元サッカー日本代表の中澤佑二(41)、パルクール選手の泉ひかり(23)が集結し、競技人生を語り合った。MCはフリーアナウンサーの木佐彩子(48)が務めた。

 ルーレットを回してマス目を進み、億万長者を目指す「人生ゲーム」は、高度経済成長期の1968年に初代版が発売。世相や時代のトレンドを反映させながら展開して今回、歴代65作目で初めてスポーツがテーマとして取り上げられた。

 今月31日に発売される「人生ゲーム スポーツ」では、プレイヤーは、アスリートとして人生を歩み、さまざまなスポーツを経験しながらお金を稼いでいく。「国際大会」などの“大会マス”では、プレイヤー全員で16種類のミニゲームを実施。順位に応じて金・銀・銅のトロフィーを獲得できる。マス目のコピーは「もぐもぐおやつタイムで戦いに備える」など。登場する種目は野球・サッカー・相撲からeスポーツ、カバディなどのレアな競技まで100種類以上あり、スポーツネタが満載の仕様となっている。

“世紀の大誤審”といわれる決勝を振り返る篠原信一(右から2人目)
“世紀の大誤審”といわれる決勝を振り返る篠原信一(右から2人目)

 イベントでは、タカラトミーの人生ゲームブランドプロデューサー、池田源氏が新作ゲームのポイントを解説。  

 ドルなど外貨の存在を人生ゲームを遊ぶ中で知ったという大畑は、日本の初のベスト8進出に期待がかかるラグビーW杯について、「南アフリカに日本が勝った前回大会、今回と盛り上がっている。人生ゲームではないが、ルーレットが回ってどっちに転ぶかという感じですけど、すごくいい方向にあると思います」と話した。

 シドニー五輪銀メダリストの篠原は“世紀の大誤審”といわれる決勝を振り返り、「試合の時は現役選手として一生懸命やっていた。選手にとっては審判が一番正しい。一本じゃないのかよ、という思いを引きずったまま試合をした僕の弱さがあった。仕方ないと思う。記録には残らなかったけど、みなさんの記憶に残っているからこうしていまこの場に呼んでもらえる。銀でよかったなと思います」と実感を込めた。

歴代の人生ゲーム
歴代の人生ゲーム

 今年に現役引退し、現在は女子ラクロスの指導に取り組んでいるという中澤は「ラクロスは素人で、サッカーと違って初めてなので勉強になります。自分はフィジカルを教えて、技術的なところはプレーヤーから教わっています。ラクロス全体を盛り上げたい」と強調した。自身の現役時代にはチームに人生ゲームを持ち込む機会はなかったといい、「卓球台やビリヤード台は合宿場に用意されていましたが、このようなボードゲームを持ち込むことはなかった。これからのサッカー日本代表に提案してみます。久保(建英、マジョルカ)あたりがやってくれれば一番盛り上がるでしょう。久保に薦めてみようかな」と話し、場を沸かせた。

 パルクール選手として活躍する泉は「5人きょうだいなので、家族でよく人生ゲームをします。毎年お年玉をかけて人生ゲームをやっていました」と振り返り、「今回は100種類のスポーツ。『このスポーツに興味がある』と体を動かすきっかけになればうれしい。パルクールだけじゃなくても、いろいろなことに興味を持ってチャレンジしてほしい」と語った。

(ENCOUNT編集部)