木村佳乃、4月期の日曜劇場出演 初の検察官役「この時代にこれをドラマでやるのは攻めてる」

俳優の木村佳乃が4月期のTBS日曜劇場『アンチヒーロー』に出演することが12日、発表された。

『アンチヒーロー』に出演する木村佳乃【写真:(C)TBS】
『アンチヒーロー』に出演する木村佳乃【写真:(C)TBS】

主演・長谷川演じる弁護士とどう対峙する?

 俳優の木村佳乃が4月期のTBS日曜劇場『アンチヒーロー』に出演することが12日、発表された。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 長谷川博己が主演を務める今作。「正義の反対は、本当に悪なのだろうか……?」を視聴者に問いかけ、スピーディーな展開で常識が次々と覆されていく。日常のほんの小さなことがきっかけで正義と悪が入れ替わり、善人が悪人になってしまう。まさにバタフライエフェクトのような、逆転パラドックスエンターテインメントである。

 そんな司法の世界を舞台にした本作に、木村の出演が決定。ビジュアルとティザー映像が解禁となった。日本の刑事裁判の有罪率は99.9%と言われている。その数字は、検察が起訴すれば裁判で結果が覆ることはほぼ無いことを意味する。木村演じる東京地方検察庁の検察官と、長谷川演じる主人公・犯罪者を無罪にする“アンチ”な弁護士は裁判でどのような戦いを繰り広げるのか?

 俳優として30年近く第一線で活躍している木村。主演を務めた金曜ドラマ『恋する母たち』(2020年)をはじめTBSドラマに数多く出演、NHKの大河ドラマや連続テレビ小説などへの出演も多い。日曜劇場枠への出演は『理想の上司』(1997年)、『輪舞曲-ロンド-』(2006年)に続き今回が3作目で、実に18年ぶり。主演の長谷川とは本作が初共演となる。長谷川演じる“アンチ”な弁護士と、木村演じる検察官がどう対峙するのか注目だ。

 木村は「検察官役を演じるのは『アンチヒーロー』が初めてです。役をいただいてからクランクインまでの間、勉強のために裁判の傍聴に行かせていただきました。日本は法治国家なので罪を犯したら法で裁かれるというのは念頭にありながらも、実際に裁判を傍聴すると“どっちが正しいんだろう?”と揺れ動く場面が多々あり、裁くことは奥深く難しいことだと実感しました。ドラマの中で『人が人を裁くことの危うさ』というセリフが登場しますが、まさにその通りだなと思うと同時に、コンプライアンスなどセンシティブなこの時代に、これをドラマでやるというのは攻めているし、面白いと思いました。私が演じる検察官は、正義なのか? 悪なのか? と視聴者の皆様に想像していただきながら観ていただけたらうれしいです」とコメントした。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください