前田拳太郎&奥智哉、時代劇ドラマでW主演 手塚治虫さんの隠れた名作『新選組』を初映像化

俳優の前田拳太郎、奥智哉が4月24日スタートのテレビ朝日系シン・時代劇ドラマ『君とゆきて咲く~新選組青春録~』(水曜深夜24時15分、※一部地域を除く)でダブル主演を務めることが1日、発表された。前田は時代劇に初挑戦する。

『君とゆきて咲く~新選組青春録~』でW主演を務める前田拳太郎(左)と奥智哉【写真:(C)テレビ朝日】
『君とゆきて咲く~新選組青春録~』でW主演を務める前田拳太郎(左)と奥智哉【写真:(C)テレビ朝日】

新選組隊士たちの青春を熱演

 俳優の前田拳太郎、奥智哉が4月24日スタートのテレビ朝日系シン・時代劇ドラマ『君とゆきて咲く~新選組青春録~』(水曜深夜24時15分、※一部地域を除く)でダブル主演を務めることが1日、発表された。前田は時代劇に初挑戦する。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 幕末という混沌の時代を閃光のごとく駆け抜け、はかなく散っていった新選組隊士たちの青春をいまだかつてない視点とスタイルでエモーショナルに描く本作。日本漫画史にさんぜんたる功績を残した手塚治虫さんの隠れた名作『新選組』を初映像化する。近藤勇や沖田総司、芹沢鴨など実在の人物も登場するが、メインとなるのはオリジナルキャラクターとして描かれる2人の若き隊士となる。

 友情、裏切り、時代、陰謀…… 彼らがたどる過酷な運命を『美しい彼』シリーズで知られる気鋭の脚本家・坪田文氏と、『未来への10カウント』(テレビ朝日)でメガホンを取った河合勇人監督が美しくも鮮烈に描き上げる。斬新な殺陣パフォーマンスやこれまでの時代劇にはない流麗な“剣舞”も織り交ぜ、ニュースタイルの時代劇を創出する。

『仮面ライダーリバイス』(2021年~22年/テレビ朝日)で共演経験のある2人が、本作では熱い友情で結ばれながらも時代の波に翻弄され、やがて白刃を交えることとなる新選組の若き隊士たちを演じる。

 前田が演じるのは、クールな新人隊士・鎌切大作(かまぎり・だいさく)。大作は出自も謎に包まれたミステリアスな存在で、剣の達人。『リバイス』では正義感の強いヒーロー、『顔』では嫉妬深い束縛男…… と作品ごとに異なる顔を見せてきた前田が、さらなる新境地を切り拓く。

 奥は、深草丘十郎(ふかくさ・きゅうじゅうろう)を演じる。最愛の父を長州藩士に斬殺された丘十郎は、剣の腕を磨いて仇を討つべく新選組に入隊。“復讐”という目的に向かって一直線に突き進む少年を、奥がひたむきなまなざしで表現する。

 今回、桜の花をバックに2人が並んだ“青春感”満載のイメージビジュアルも解禁された。映し出されているのは、そろいの羽織を身に着け、ほほ笑みを浮かべる大作と丘十郎。これから過酷な運命に襲われるとは思えない、2人の穏やかな表情が逆に切なさを誘うビジュアルになっている。

 実は、このドラマのメインキャストは男性だけ。大作や丘十郎の同志である新撰組隊士たちに扮(ふん)するのは、映像、演劇、歌、SNSなどさまざまなステージで活躍する、ネクストブレイク必至の次世代アクター陣となる。

 また、現在、メインキャストのひとりを選ぶオーディション企画『人生が変わる、シン・時代劇オーディション「真剣 SHINKEN」~新選組への道~』が開催中。特撮ヒーロー出身の実力派から元スポーツ選手、SNSの人気者、そして俳優歴2年未満の“原石”まで多様なバックボーンを持つ若者たちの人生を賭けた真剣バトルの模様は、『お願い!ランキング presentsそだてれび』(月曜~木曜深夜24時45分~ ※本オーディション企画の放送は毎週火曜)で紹介される。

前田拳太郎&奥智哉のコメント全文

○前田拳太郎

――出演が決まった際の率直な感想を教えてください。

「『君とゆきて咲く』は新選組隊士たちの青春を描く物語ですが、僕にとっては初めての時代劇。殺陣に挑戦するというワクワクがありつつ、主演も務めさせていただくということでプレッシャーも感じていて今もすごくドキドキしています」

――ご自身が演じる大作にはどのような印象を持っていらっしゃいますか。

「大作は、謎に満ちたキャラクター。だからこそ、これから大作が抱える謎がどんなふうにストーリーに関わってくるのか、みなさんにはぜひ楽しみにしていただきたいです」

――時代劇の面白さ、難しさなど、感じていることがあれば教えてください

「とても大変です(笑)。今回、初めて刀を使ってアクションするので、持ち方や握り方、抜刀の仕方などもわからず、イチからのスタートでした。でも、去年より練習を重ねて、最近ようやくいい流れが来ているんじゃないかな…… というところまできたと思います」

――丘十郎役・奥智哉さんの印象を教えて下さい。

「初対面は約3年前、おっくん(=奥)が16歳のとき『仮。面ライダーリバイス』でご一緒させていただきました。今回、また一緒に作品が作れるなんてうれしい! 一度離れて再会したら、なんだかすごく大人になっていてビックリしました」

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします。

「新選組を題材にした時代劇に挑戦させていただくにあたって、殺陣やアクションの練習を一生懸命、頑張っています。もちろんアクションも見ていただきたいのですが、やっぱりこの作品で描かれるのは隊士たちの人間ドラマ。それぞれの思いが絡み合いながらストーリーが進んでいくので、そういうところもぜひ楽しみに見ていただけたら嬉しいです」

○奥智哉

――出演が決まった際の率直な感想を教えてください。

「新選組が題材だと聞いて、最初は土方歳三や沖田総司などのキャラクターを想像していましたが、手塚治虫さん原作の『新選組』のドラマ化であり、まさかの“1年生”役。歴史上には存在しない架空の人物として新選組のドラマに関われるのはある意味、特別感が強いなという気持ちがあり、ウキウキしています」

――ご自身が演じる丘十郎にはどのような印象を持っていらっしゃいますか。

「丘十郎はとにかくまっすぐな性格で“復讐”という大きな目的を持つ少年ですが、大作たち新選組の隊士たちと関わって成長していきます。僕自身も撮影で成長する姿を見せることができたら、役柄にもそれが反映されて、いい作品になるんじゃないかなと思っています」

――時代劇の面白さ、難しさなど、感じていることがあれば教えてください。

「本格的な殺陣が随所に登場するので、アクションも激しめです。丘十郎は、最初は剣の素人ですが、どんどん成長していく姿が見られるキャラクター。僕もまだまだ発展途上なところがあるので、撮影期間中にもっともっと上達していけたらいいなと思っています」

――鎌切大作役・前田拳太郎さんの印象を教えて下さい。

「拳ちゃん(=前田)と初めて会ったのは僕が16歳で、お芝居の基本も全然わかっていない時期だったと思います。そこからお互いいろいろな現場でいろいろなことを吸収して成長して、この作品で再会できたのは運命的というか、“縁”があるのかなと感じています」

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします。

「時代劇ではありますが、ダンスや歌などミュージカルチックなシーンもあると聞いています! 若い人たちにも楽しめる時代劇になるんじゃないかなと思っております」

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください