上白石萌音、『読売演劇大賞』プレゼンターに恐縮「重すぎます」 清原果耶らを直接祝福

俳優の上白石萌音が27日、都内で行われた『第31回 読売演劇大賞』の贈賞式にプレゼンターとして出席。最優秀女優賞の池谷のぶえにトロフィーを手渡した。

贈賞式にプレゼンターとして出席した上白石萌音【写真:ENCOUNT編集部】
贈賞式にプレゼンターとして出席した上白石萌音【写真:ENCOUNT編集部】

昨年最優秀女優賞、今年はプレゼンター「今のほうがずっと怖いです」

 俳優の上白石萌音が27日、都内で行われた『第31回 読売演劇大賞』の贈賞式にプレゼンターとして出席。最優秀女優賞の池谷のぶえにトロフィーを手渡した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 演劇文化の振興のため1992年に創設された『読売演劇大賞』。選考委員のノミネート、投票委員の投票と2段階をへて、作品、男優、女優、演出家、スタッフの5部門の年間最優秀賞のほか、杉村春子賞や芸術栄誉賞などを選出・表彰する。

 昨年最優秀女優賞となった上白石はプレゼンターとして登場。スタンドマイク前に立つと、「去年この場所で身に余る賞をいただきましたが、正直そのときより今のほうがずっと怖いです。私のような若輩者に、このような大役は重すぎます」と恐縮しきりだった。

 今年の優秀女優賞は、清原果耶、咲妃みゆ、三浦透子、宮澤エマが受賞。上白石は「個人的にご縁のある方ばかりで本当にうれしいです。大好きで尊敬できるみなさんの受賞は、うれしいこと。直接お祝いができて幸せな気持ち。これは役得です」とほほ笑んだ。

 上白石は「演劇を始めてからたくさんの方々に憧れてきました。これは演劇ならではですが、『あの方が演じた役を私もいつか演じてみたい』ですとか、そういう憧れが脈々と受け継がれてきているのが、演劇の世界。たくさん憧れ、勉強して、盗めるものは盗ませていただきます。大好きな演劇がこれからももっともっとたくさんの方々に愛されることを願って、私もますます集中してまいります」とあいさつした。

◆「第31回 読売演劇大賞」最優秀受賞作・受賞者

最優秀作品賞…「人魂を届けに」(イキウメ)
最優秀男優賞…山西惇
最優秀女優賞…池谷のぶえ
最優秀演出家賞…藤田俊太郎
最優秀スタッフ賞…松井るみ

杉村春子賞…清原果耶
芸術栄誉賞…松本白鸚
選考委員特別賞…中村芝のぶ

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください