元アナ公認取り消し…国民民主の玉木代表「法令違反に該当する行為」の説明に「賢明な判断」の声

国民民主党の玉木雄一郎代表は26日、Xを更新し、衆院東京15区補選(4月16日告示、28日投開票)の公認候補予定者だった元フリーアナウンサー・高橋茉莉氏(27)の公認内定取り消しについて経緯を説明した。

高橋茉莉氏
高橋茉莉氏

本人は「ラウンジ勤めの過去で立候補断念を強要」と説明も

 国民民主党の玉木雄一郎代表は26日、Xを更新し、衆院東京15区補選(4月16日告示、28日投開票)の公認候補予定者だった元フリーアナウンサー・高橋茉莉氏(27)の公認内定取り消しについて経緯を説明した。

外車SUVに夢中になった理由とは? “花の82年組”アイドルの華麗なる愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

「東京15区の公認候補予定者について、東京都連が聞き取り調査を行ったところ、本人が発言した過去の行為の中に、我が党として看過できない法令違反に該当する行為があったため、昨日付で、党本部として公認内定を取り消しました。ラウンジ等で働いていたことが理由ではありません。東京15区の皆様をはじめ、ご期待、ご支援をいただいた党員・サポーター、ボランティアをはじめ関係者の皆様に心よりお詫び申し上げます。混乱を生じさせたことを深く反省しております」

 法令違反の可能性のある具体的行為については「本人がすでに私人となっていること、また、今後、場合によっては、行政上、刑事上の責任を問われる可能性も否定できないことから、我が党から本人に不利になる可能性のあるコメントは差し控えるべきと判断しました。ご理解ください」とし、「ネット上で本人に関する投稿が多数拡散されていますが、すでに私人となっており、プライバシーの侵害や誹謗中傷にあたるような投稿は控えてください。あわせて、お願い申し上げます」。その上で「改めて、今回の公認取り消しに関し、ご心配、お迷惑をおかけしたことについて、お詫び申し上げます」と謝罪した。

 高橋氏は25日未明にSNSを更新し、「国民民主党から、『立候補を断念しろ』と言われ、涙をのんで引き下がることに致しました。理由は、ラウンジで働いていた過去があるからです」などと投稿した。その上で「生活保護を経験し、頑張って奨学金で慶應を卒業しましたが、多額の返済が残りました。多額の返済が長期に残らないよう、1日でも早く返したいという気持ちが強く、一時期ラウンジで働きました。それが悪いこととして立候補できないのであれば、『底辺で頑張る女子は一生チャレンジすら許されない』のでしょうか」と訴えていた。

 だが、ネット上では「生活保護を受けていた時期にラウンジで働いていた場合、生活保護の不正受給に当たるのではないか」との声が続々と上がり、高橋氏はXで「生活保護を受給しながら、ラウンジ勤務をしていたらというのは、事実と異なります」と反論。一方で具体的な説明はないまま、「政界を引退するためしばらくこのアカウント・SNSを休止します。最後に、このような形になってしまい申し訳ありません。応援いただいた方々、誠にありがとうございました!」と記した。その前に国民民主党を告発した投稿は全て削除している。インスタグラムについても告発動画を削除しているが、国民民主党候補予定者として活動した画像4枚と東京・新橋駅で行った街頭演説の動画を新たに投稿。コメントは掲載していない。

 一連の騒動と「公認取り消し」については、国民民主党もこの日、記者会見で同様の説明をしており、玉木代表のXには「早い段階で判明して良かったです」「賢明な判断です」などの声が相次ぐ一方で、「モヤモヤする」「候補者選びは大変ですね」の指摘もあった。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください