元アナ高橋茉莉氏、生活保護受給中のラウンジ勤務は「事実と異なる」 法令違反の疑惑に反論も「政界を引退」

4月28日に投開票される衆院東京15区(東京・江東区)の補欠選挙に国民民主党から立候補予定だった元アナウンサーでタレントの高橋茉莉氏(27)が25日夜、「政界を引退するためしばらくこのアカウント・SNSを休止します」と宣言した。

高橋茉莉氏
高橋茉莉氏

国民民主党は公認を取り消し、公式サイトから画像と略歴を削除

 4月28日に投開票される衆院東京15区(東京・江東区)の補欠選挙に国民民主党から立候補予定だった元アナウンサーでタレントの高橋茉莉氏(27)が25日夜、「政界を引退するためしばらくこのアカウント・SNSを休止します」と宣言した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 高橋氏は25日未明にSNSを更新し、「国民民主党から、『立候補を断念しろ』と言われ、涙をのんで引き下がることに致しました。理由は、ラウンジで働いていた過去があるからです」などと投稿した。その上で「生活保護を経験し、頑張って奨学金で慶應を卒業しましたが、多額の返済が残りました。多額の返済が長期に残らないよう、1日でも早く返したいという気持ちが強く、一時期ラウンジで働きました。それが悪いこととして立候補できないのであれば、『底辺で頑張る女子は一生チャレンジすら許されない』のでしょうか」と訴えていた。

 だが、同日午前に国民民主党の玉木雄一郎代表が、高橋氏のXでの投稿をリポストする形で「国民民主党はラウンジ勤めのみを理由に立候補の断念を求めるようなことは決してありません。事実関係を整理の上、週明けに正式に説明いたします」と反論。その後、「東京15区の我が党の公認候補予定者に関し、法令に抵触するおそれのある事実が明らかになりましたので、明日10:30から選対責任者が会見を開き説明します。なお、国民民主党はラウンジ等に勤務していたことで出馬辞退を求めるようなことはありません。ご心配とご迷惑をおかけして申し訳ありません」と投稿。高橋氏に法令抵触のおそれがあることを示唆した。国民民主党もその後、同日付で高橋氏の公認を取り消し、公式サイトから高橋氏の画像、プロフィールを削除した。

 高橋氏については、ネット上で「生活保護を受けていた時期にラウンジで働いていた場合、生活保護の不正受給に当たるのではないか」などの声が上がっており、その点が国民民主党の判断材料になった可能性がある。だが、高橋氏はXで「生活保護を受給しながら、ラウンジ勤務をしていたらというのは、事実と異なります」と反論した。

 一方で「最後に、このような形になってしまい申し訳ありません。応援いただいた方々、誠にありがとうございました!」とコメントした。その前に国民新党を告発した投稿は削除している。インスタグラムについても告発動画を削除しているが、国民民主党候補予定者として活動した画像4枚と東京・新橋駅で行った街頭演説の動画を新たに投稿。コメントは掲載していない。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください