『不適切にも』明かされた純子の真相 衝撃事実に「辛すぎ」「号泣した」「まさか市郎までも」

俳優の阿部サダヲが主演を務めるTBS系連続ドラマ『不適切にもほどがある!』(金曜午後10時)の第5話が23日に放送された。ラストの展開に視聴者からは「辛すぎ」「今回は、号泣回」などの声が上がった。

『不適切にもほどがある!』第5話が放送された【写真:(C)TBS】
『不適切にもほどがある!』第5話が放送された【写真:(C)TBS】

宮藤官九郎の脚本に絶賛の声も

 俳優の阿部サダヲが主演を務めるTBS系連続ドラマ『不適切にもほどがある!』(金曜午後10時)の第5話が23日に放送された。ラストの展開に視聴者からは「辛すぎ」「今回は、号泣回」などの声が上がった。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 同作は、阿部演じる昭和のおじさん・小川市郎が、ひょんなことから1986年から2024年の現代へタイムスリップし、令和では“不適切”なコンプライアンス度外視の発言をさく裂。コンプラで縛られた令和の人々に考えるキッカケを与えていく意識低い系タイムスリップコメディー。

(※以下、ドラマの内容に関する記述があります)

「父親に会ってほしい」と渚(仲里依紗)に連れられた市郎(阿部)は、ホテルのラウンジで犬島ゆずる(古田新太)と対面していた。なぜか市郎のことを「おとうさん」と呼ぶゆずるに対し、“おとうさん”はそっちだとイライラする市郎。そのやり取りを見ていた渚は、市郎に母親・純子(河合優実)との写真を見せ、自分が市郎の孫だと伝えた。

 喫茶店に場所を移し、ゆずると純子が結婚していたことが判明。六本木のディスコ・マハラジャで出会ったなれそめなども明かされ、錦戸亮演じるゆずるの若かりし頃も登場。授かり婚をした2人だったが、市郎は猛反対。孫の渚が誕生してからも会うことを避けていたという。

 一方、令和の市郎がゆずるのお店を訪れると、スーツを新調しようと採寸を始めた。すると、ゆずるの仕立て屋があった神戸にも実は来ていたと再び過去が明かされた。純子に連れられた市郎のオーダーメイドのスーツを作ろうとしたゆずる。始めたばかりとあって採寸に手間取りながらも、市郎とようやく打ち解けていったのだった。

 終電を逃したため、その後は3人で朝まで居酒屋で飲み明かしたという。しかしその帰り、市郎と純子は阪神淡路大震災に遭い、帰らぬ人となっていたと明かされた。

 令和で、その事実を聞いた市郎はしばしぼう然。ゆずるから「申し訳ありませんでした! 僕がもたもたしないで採寸できていれば、お義父さんも純子も助かったのに……」と頭を下げられると、市郎は息を吐きながら「そうか……でもよかった! ちゃんと打ち解けて、仲直りして、酒飲んだり孫抱っこしたり、そういうのひと通りあるんだこれから! ハハハ……楽しみだ!」といい、ゆずるに背広を持ってくるように促した。

 ラストでは、背広姿の市郎のもとに渚が駆けつけると、「よう! どうだい?」と笑顔を見せるのだった。

 純子とゆずるの関係、市郎と渚の関係とともに、純子について衝撃の事実が明かされた。この展開に、「あまりにも悲しい真実でした」「辛すぎて」「まさか市郎までもとは。。。」「たのむ!未来変わってくれ」「こんな展開になるとは…後半切なくて号泣した」「スーツ姿の市郎さんにグッときました」「笑って寝ようと思って観たら号泣なんですが」などの声が。

 一方で、脚本を手がける宮藤官九郎について「あまちゃんで東日本大震災、いだてんで関東大震災、不適切にもほどがあるで阪神淡路大震災」「なんなん、クドカン 思いっきりおふざけドラマ作っといて真逆のお涙搾らせてくるなんて」「1話の何気ない一言が思いっきり伏線になってるの、構成が上手すぎて震えてる…」などの声も上がっていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください