ハリウッド初主演の真田広之、時代劇の悪循環を指摘「海外で勝負したいなら橋渡しを」

俳優の真田広之(63)らディズニープラスSTARオリジナルシリーズ『SHOGUN 将軍』(27日から配信)の主要キャストが20日、東京・丸の内の日本外国特派員協会で行われた記者会見に参加した。

『SHOGUN 将軍』の記者会見を開催【写真:ENCOUNT編集部】
『SHOGUN 将軍』の記者会見を開催【写真:ENCOUNT編集部】

ディズニープラス配信『SHOGUN 将軍』で初主演

 俳優の真田広之(63)らディズニープラスSTARオリジナルシリーズ『SHOGUN 将軍』(27日から配信)の主要キャストが20日、東京・丸の内の日本外国特派員協会で行われた記者会見に参加した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 1600年の「関ケ原の戦い」前夜を描いた故ジェームズ・クラベル氏による世界的ベストセラーを映像化。ハリウッド作品初主演でプロデュースも手掛けた真田は、徳川家康をモデルとする戦国最強の武将・吉井虎永を演じており、配信前の思いを流ちょうな英語で語った。そして、国内における時代劇制作の問題点を日本語で指摘した。

「私も子役の頃から時代劇に携わり、諸先輩から教わってきたことを後世に伝えたいと思ってきました。昨今、時代劇の(制作)本数が減ったのは何十年もストーリーや作り方を変えなかったことが、若い世代に受け入れられなくなった原因だと思います。また、若い世代を取り込むために時代劇であるにも関わらず、現代劇ぽく、西洋劇ぽくする。それによって時代劇を好きな人が離れる。その悪循環だったと思います」

 その上で「もし、これ(『SHOGUN 将軍』)がきっかけで若い世代の俳優、制作陣が『もう1度、時代劇を立て直したい』となれば、自分はすごく良い形で恩返しになると思います。もし、やる気があって、才能のある方々が『海外で勝負したい』ということであれば、自分は喜んで橋渡しをしたいですし、自分の使命かなと思っています」と話した。

 真田は2002年に公開され、アカデミー外国語映画賞にもノミネートされた『たそがれ清兵衛』で主演。翌03年公開の映画『ラスト サムライ』に出演したことで、米ロサンゼルスに拠点を移してハリウッド映画出演を重ねてきた。そして、今作では主演&プロデュース。文字通り、凱旋帰国を感じさせる会見となった。

 その他のキャストでは、コズモ・ジャーヴィス(ジョン・ブラックソーン役)、アンナ・サワイ(戸田鞠子役)が会見に参加した。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください