【ブギウギ】ヒールな雑誌記者役も違和感なし みのすけ「気持ちよく演じています」

俳優・みのすけが、三流ゴシップ雑誌の芸能記者・鮫島鳥夫役で出演するNHKの連続テレビ小説『ブギウギ』(月~土曜午前8時)について、出演が決まった際の心境や演じる役への思い、主人公・福来スズ子を演じる趣里の印象などをコメントした。

鮫島鳥夫を演じるみのすけ【写真:(C)NHK】
鮫島鳥夫を演じるみのすけ【写真:(C)NHK】

三流ゴシップ雑誌の芸能記者・鮫島鳥夫を熱演

 俳優・みのすけが、三流ゴシップ雑誌の芸能記者・鮫島鳥夫役で出演するNHKの連続テレビ小説『ブギウギ』(月~土曜午前8時)について、出演が決まった際の心境や演じる役への思い、主人公・福来スズ子を演じる趣里の印象などをコメントした。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

「朝ドラに出演するのは初めてです。大河ドラマには2度ほど出演させていただきましたが、『いつになったら呼ばれるのかな』とずっと思っていたので(笑)、今回『やっと呼ばれた』と念願がかないました。朝ドラは、家族や親戚など身内の喜び方が違うことも、うれしいことのひとつですね」

 演じる役は三流ゴシップ雑誌『真相婦人』の芸能記者。神出鬼没にスズ子や茨田りつ子(菊地凛子)の前に現れ、ねちっこく問い詰める。どんな印象を抱いたのだろう。

「鮫島という男は、三流ゴシップ誌で記事を書く昭和の時代ならではの芸能記者です。今でこそ記者は匿名なことも多いですが、この時代は顔を出して、嫌な質問をぶつけて、自分の望んだ通りの答えを引き出すといった、ふてぶてしく泥臭い記者がたくさんいたのかな? と思います。『ブギウギ』に初めて登場する悪役かもしれないですね。台本を読んで、なぜだかすんなり違和感なく、気持ちよく演じています(笑)。これまで悪役を演じることは何度かありましたが、鮫島は比較的自分の肌に合うヒール役ですね。僕は、脚本を手がけた足立紳さんが描く世界観が大好きなんです。『立派な人』よりも、弱い立場の人間が立ち上がるというか、市井の人々の姿にフォーカスしていく物語が足立さんの真骨頂だと思います」

 スズ子を演じる趣里の印象はいかがだろうか。

「自分が所属する『ナイロン 100℃』の劇団員が趣里さんと共演したこともあったりして、お会いすればあいさつをする関係でした。今回が初めての共演になりますが、『はじめまして』とは思えず、前から知っている感じで、近い距離感でお話できました。趣里さんはヒロイン・スズ子のように前向きです。僕が現場に入ったときがちょうどスズ子のコンサートのシーンで、『スズ子の役はセリフも多いし、歌も踊りも、とやることがたくさんあるけれど、この役をやりきれば、きっと何だってできるよ』ということをお伝えしました」

 放送を楽しみにしている視聴者へのメッセージも。

「初めての朝ドラなので緊張もありましたが、現場は楽しく良い雰囲気でした。鮫島はヒール役ですが、『なんだアイツは』とお茶の間の皆さんがざわつきながら見てもらえたらうれしいです」

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください