北原里英「全裸でも分かる」 後輩メンバーにマイナーな銭湯で遭遇「すごいなと」

俳優の北原里英が16日、都内で行われた映画『劇場版 マーダー★ミステリー 探偵・斑目瑞男の事件簿 鬼灯村伝説 呪いの血』の初日舞台あいさつに登壇した。“ミルキー”こと元NMB48の渡辺美優紀とプライベートで遭遇した出来事を語った。

初日舞台あいさつに登壇した北原里英【写真:ENCOUNT編集部】
初日舞台あいさつに登壇した北原里英【写真:ENCOUNT編集部】

「入って、しょっぱな声をかけられて」と状況を説明

 俳優の北原里英が16日、都内で行われた映画『劇場版 マーダー★ミステリー 探偵・斑目瑞男の事件簿 鬼灯村伝説 呪いの血』の初日舞台あいさつに登壇した。“ミルキー”こと元NMB48の渡辺美優紀とプライベートで遭遇した出来事を語った。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 同作にちなんで、最近起きた事件を問われて北原は「先日、銭湯にサウナしに行きましたら、元NMBのミルキーに会いました」と明かし、「あの~……全裸でも分かるんだなと思いました(笑)。本当にけっこうマイナーな銭湯だったので、そんなところでメンバーに会うなんて、すごいなと思いました」と話した。

 イベント司会から、そうした状況でメンバーと会うのは気まずいかと問われて「いやっ!」と否定。「本当に入って、しょっぱな声をかけられて。『(一般人のファンなどに)気づかれたかな!? うわ、ここからどうしよう!』と思ったので、知り合いで良かった」と振り返った。

 舞台あいさつには剛力彩芽、木村了、文音、光岡麦監督も出席した。

 同作は、劇団ひとりがシリーズの主演を務める新感覚の即興劇ミステリー。参加者が推理小説の登場人物となり話し合いながら事件解決を目指す体験型ゲーム「マーダーミステリー」をテーマにした朝日放送テレビ系列のドラマシリーズの劇場版。探偵・斑目瑞男(まだらめ・みすお、劇団ひとり)や助手の村城和兎(むらしろ・わと、剛力)らが、「一夜のうちに3人の生贄の血を滴らせると死者が蘇生する」という不気味な伝承が残る鬼灯村を舞台に巻き起こる事件の真相に迫る。北原は、最近移住してきた元看護師・七尾優子を演じた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください