元BiSHのモモコグミカンパニー、新著2冊が同日発売 東京Dライブまでの3年半の記録を全公開

元BiSHのモモコグミカンパニーの新著『解散ノート』と『デジタル原色美女図鑑モモコグミカンパニー濁りながらも、透き通っている』が14日、同時発売される。

『デジタル原色美女図鑑 モモコグミカンパニー 濁りながらも、透き通っている』の書影
『デジタル原色美女図鑑 モモコグミカンパニー 濁りながらも、透き通っている』の書影

モモコグミカンパニー「リアルタイムで残したいと思った景色を書き記していました」

 元BiSHのモモコグミカンパニーの新著『解散ノート』と『デジタル原色美女図鑑モモコグミカンパニー濁りながらも、透き通っている』が14日、同時発売される。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 多くのファンに絶大な人気を誇りながら、2023年6月29日をもって解散したガールズグループBiSH。彼女たちがひそかに「解散宣告」された日から、東京ドームを超満員にしたラストライブまでの3年半の日々を、メンバーの一人・モモコグミカンパニーがリアルタイムでつぶさに書き留めていた。

 小説を2作、エッセイ2作、メンバー最多の17曲を作詞し、現在も幅広い活動を続ける彼女が、大きな苦悩と喜びに満ちた3年半の出来事や感情を赤裸々につづった、等身大の生の記録。カッコ悪くても、弱くても。終わりに向かって「今」を生きる、すべての人に贈る一冊。BiSHファンはもとより、ファン以外の方も、読めば胸を打たれ、生きる力が湧いてくる。そんな大きな広がりを持った作品となっている。

 モモコグミカンパニーは「解散を意識することになったその日から、東京ドームの日までの約3年半。綺麗なものも、汚いものも、リアルタイムで残したいと思った景色を書き記していました。BiSHとともに生きてくれた人、今を迷っている人、未来に怯えている人、この本が後押しになれば嬉しいです」とコメントした。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください