上沼恵美子、たむらけんじと「もうメールしない」 “弁明”に苦言「あんなの答えになってない」

タレント・上沼恵美子が12日、ABCラジオ『上沼恵美子のこころ晴天』(月曜正午)に出演。ダウンタウン・松本人志が週刊文春に性的行為強要疑惑を報じられ、名誉毀損で提訴した騒動について言及した。

上沼恵美子
上沼恵美子

断絶宣言「関わったら迷惑みたいでした」

 タレント・上沼恵美子が12日、ABCラジオ『上沼恵美子のこころ晴天』(月曜正午)に出演。ダウンタウン・松本人志が週刊文春に性的行為強要疑惑を報じられ、名誉毀損で提訴した騒動について言及した。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 上沼が連載を担当して2回目の文春が完売し、その号には松本問題の第1弾が掲載されていたという話題になった。上沼はその後の報道で女性のアテンド役として名前の挙がった、たむらけんじについて触れ「『アテンドしたとか、いうのはしてません。そんな気持ちはなかったです。楽しくワイワイやってただけです』ってたむけんちゃんなんか言うてるんだけど、(説明は)それだけじゃあかんと思うわ。『そんな気持ちがなかったんです』って言うだけでマスコミというかメディアは『ああそうか』とは思いませんのでね。意見としては軽いですね」とピシャリ。

「みんなそんなつもりってないと思うねん」と続け、「そんなつもりなんかないに決まってんのよ。そやけど結果ね、そういう構図? 気持ちとは違った構図になってる、というのが女の人の証言が事実ならね。アメリカからたむけんちゃんがラジオで言うてる。あれは何か違うと思ってんのよ。ああいう主張はしてはいけないと思いました」と私見を述べた。

 さらに、上沼は「『そんなつもりはなかった』っていうのはちょっとお粗末やな」と声を大にし、「ホンマにしゃべりにくいのはわかるんですけどね。たむけんちゃんはメールでいうてきたから。メール送ってきたんやから、女性からの(LINEを)。びっくりしたわ。私はなんともない、中立いうたらおかしいけど、私はどうってことはない。私のところに芸人側に立ってるなんてコメントが入ってましたけど、立ってません。興味ないです。ないですけども、たむけんちゃんがラジオでしゃべってんのは、メディアと言うものが分かってないなと思う。あんなの答えになってないのよ。むしろあんなこというと、まずいというか、へたくそぉ! という感じです。言わん方がいい。『僕そんな気持ちじゃなかったのに』って言うたって、記事になってるわけなんだから。『だあ(黙)っとれっ』と思いましたね。それは知り合いとして、本当はそう思いました。まあ遠いとこにおるからね」と思いを告白した。

 また、上沼は「もうメールしないし。しない。もうしないことにしました」とたむらとのやりとりを断つとし、「関わったら迷惑みたいでした。たむけんちゃんがね。『上沼さん、僕とのメールのことは絶対言わないでくださいね』って来たからね」とクギを刺されたと理由を説明。

「誰が言うか! と思って。まあ、私が言ったんだ。『クギズケ!』で。『たむけんちゃんからメールが来て』って。ちょっと笑いにしてあげたつもりやねんけどね。『食欲がない』っていうから『あかん、食べなあかんよ』って言うたら『食べてきます』ってすぐ来たわいうてね。立ち直り早かったわいうて、みんな笑ったんだけど。それが芸人側に立ってると見られたり、いろいろすんねん。どっち側にも立ってへんねん。悪いけど興味ないわ」と語った。

 上沼は、共演のモンスターエンジン・西森洋一に松本の会見について質問。「記者会見やってもらいたくないんですか」と聞くと、西森は「記者会見はやってもらいたいですね。そのままずっと黙ってるのはちょっと。何か聞きたいですね、声をとりあえず。どういう感じなのかという」と返した。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください