【ブギウギ】14日のあらすじ スズ子、驚きの人物と再会

俳優の趣里が主人公・福来スズ子を演じるNHKの連続テレビ小説『ブギウギ』(月~土曜午前8時)。第93回では、スズ子はおミネ(田中麗奈)の誤解を解くため、住み家のある有楽町のガード下に向かう様子が描かれた。第94回はどんな展開になるのか。

ある女性を見て驚く福来スズ子(趣里)【写真:(C)NHK】
ある女性を見て驚く福来スズ子(趣里)【写真:(C)NHK】

趣里が主人公・福来スズ子を演じる朝ドラ 第94回のあらすじ

 俳優の趣里が主人公・福来スズ子を演じるNHKの連続テレビ小説『ブギウギ』(月~土曜午前8時)。第93回では、スズ子はおミネ(田中麗奈)の誤解を解くため、住み家のある有楽町のガード下に向かう様子が描かれた。第94回はどんな展開になるのか。

(※以下、ドラマの内容に関する記述があります)

 NHKによると、有楽町のガード下へとやってきたスズ子は、おミネたちの住み家へと連れて行かれる。スズ子は、誤解を解くために腹を割って話をしたいと伝える。一方、おミネは、立場が違うので理解し合えると思えないと反論するという。ある日の帰り道、スズ子は顔見知りの靴磨きの少年がけがをしているところに出くわす。少年を家まで送り届けると、そこにいたのは、スズ子の幼なじみタイ子(藤間爽子)だった。

 物語は大阪の下町の銭湯の看板娘として育ったヒロイン・スズ子が、歌の才能を発揮し、戦後のスターとなっていく半生を、戦後の大スター・笠置シヅ子さんをモデルにフィクションとして描く。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください