ミュージカル『ジョジョ』、6~8日の公演中止 異例の2日前発表「万全の状態でお届けするのが難しいため」

帝国劇場ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』の6~8日の公演が中止となることが4日、決まった。東宝が公式サイトで発表した。

ディオ・ブランドーを演じる宮野真守【写真:ENCOUNT編集部】
ディオ・ブランドーを演じる宮野真守【写真:ENCOUNT編集部】

2日前に急遽発表「開幕準備に想定以上の時間を要すこととなり…」

 俳優の松下優也と有澤樟太郎がダブルキャストで主人公ジョナサン・ジョースターを演じる、帝国劇場ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』の6~8日の公演が中止となることが4日、決まった。東宝が公式サイトで発表した。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 公式サイトでは「ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』につきましては、開幕準備に想定以上の時間を要すこととなり、万全の状態で公演をお届けすることが難しいため、やむを得ず2月6日(火)~8日(木)の公演を、中止とさせていただきます」と発表。

「ご来場を楽しみにされていたお客様には、大変なご迷惑をお掛けいたしまして、誠に申し訳ございません。心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 中止となる公演は、6日午後6時開演の部、7日午後6時開演の部、8日午後1時開演の部、同午後6時開演の部の4公演。
 
 さらに「中止公演回の振替公演の有無、払戻の詳細並びに2月10日(土)以降の公演につきましては、Xアカウント(※東宝演劇お知らせXアカウント)および東宝演劇ホームページにて2月8日(木)16:00までに改めてご案内申し上げます。中止公演回のご入場券はお手元に保管下さいますようお願い申し上げます」とアナウンスした。

 同ミュージカルは、シリーズ累計発行部数1億2000万部を誇る荒木飛呂彦の『ジョジョ』シリーズが原作。「第1部 ファントムブラッド」をベースに世界初の舞台化する。19世紀末のイギリスを舞台に、“ジョジョ”こと主人公ジョナサン・ジョースター(松下・有澤)と運命的な出会いを果たすディオ・ブランドー(宮野真守)を中心に、謎の石仮面をめぐる熱き戦いと奇妙な因縁を描く。6日から公演がスタートする予定だったが、異例の2日前の中止発表となった。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください