福山雅治、初の監督業は「未知なる挑戦」 次作に意欲「そのためには興行収入という結果を残さないと」

歌手の福山雅治が19日、都内で行われた『FUKUYAMA MASAHARU LIVE FILM 言霊の幸わう夏 @NIPPON BUDOKAN 2023』の全国公開初日舞台あいさつに登壇した。早くも次作への意欲を示した。

舞台あいさつに参加した福山雅治【写真:ENCOUNT編集部】
舞台あいさつに参加した福山雅治【写真:ENCOUNT編集部】

歌手活動30年を超えた福山初のライブフィルム

 歌手の福山雅治が19日、都内で行われた『FUKUYAMA MASAHARU LIVE FILM 言霊の幸わう夏 @NIPPON BUDOKAN 2023』の全国公開初日舞台あいさつに登壇した。早くも次作への意欲を示した。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 同作は、デビューから歌手活動30年を超えた福山初のライブフィルム。コロナ禍を経て3年半ぶりに観客の声出しが解除された2023年夏のライブ「言霊の幸わう夏@NIPPON BUDOKAN 2023」に迫る。福山自身が監督を務め、ライブの総合演出、映像、音のすべてを監修。日本武道館史上初となる、アリーナに観客を入れた状態でのドローン撮影などを敢行した。

 監督という肩書について福山は「後付けですからね」と明かし、さらに「非常に消極的だった」と本音を告白。「『これ、本当にやる意味あるのかな』と。でもカメラも40台以上入れますし、オーディエンスマイクも40本以上立てる。(撮影サイドが)『最悪、公開されなくてもいいから、撮るだけ撮らせてください』とすごい熱意を持っておっしゃってくださった。『まぁ、撮るだけ撮るんだったら ……資料にもなるし、いいかな』」と思い、撮影を承諾したという。

 その後、撮影した映像や音を、自身の脳内イメージに合わせて加工・編集。「ライブフィルムというものは未知なる挑戦でした」と振り返り、「僕のしつこさに付き合ってくださった皆様のおかげで出来上がった。で、最終的に監督という名前を背負わせて頂いた。もともと映ってないものとかも入れている。ライトバングルの色がちょっと足りないなと思ったら(色味編集などで)足したりとかした。あとは(楽曲に合わせて)長崎の実景を撮りに行ってもらった」と解説。「私の脳内の可視化。映像を撮りに行ってもらって、差し込んだりとかいろいろしています」と述べた。

 また、本作の先行上映などの高評価を受け、先行公開されていた新宿の映画館にて一般客と一緒にお忍び鑑賞することに。「見てると『もっとこうかな、ああかな』というのはすでにありますね」と次作に意欲。「90年デビューの僕も、35周年を迎える年に入っていきます。今年ツアーをやって35周年。当然何か、大きい動きをやりたいと思っている。そのときにまたね、こういった作品を作れたらいいなと思っている。そのためには、結果を残さないといけない。興・行・収・入という……」と強烈なプレッシャーをかけ、観客を笑わせた。

 舞台あいさつには、少年期の福山を演じた柊木陽太も出演した。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください