橋本マナミ、ムロツヨシの紳士的な対応に感激「私もそうなりたい」

俳優の橋本マナミが18日、都内で行われた映画『身代わり忠臣蔵』(2月9日公開)の完成披露試写会に、主演のムロツヨシ、共演の永山瑛太、川口春奈、林遣都、柄本明、森崎ウィン、星田英利、本多力、野波麻帆、メガホンをとった河合勇人監督とともに登壇した。

完成披露試写会に出席した橋本マナミ【写真:ENCOUNT編集部】
完成披露試写会に出席した橋本マナミ【写真:ENCOUNT編集部】

「『マネジャーさんたちが立ってるのを見るの嫌だから座りな』って」

 俳優の橋本マナミが18日、都内で行われた映画『身代わり忠臣蔵』(2月9日公開)の完成披露試写会に、主演のムロツヨシ、共演の永山瑛太、川口春奈、林遣都、柄本明、森崎ウィン、星田英利、本多力、野波麻帆、メガホンをとった河合勇人監督とともに登壇した。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 日本中で愛される時代劇「忠臣蔵」をベースに“身代わり”という斬新なアイデアが加わり生み出された、時代劇ヒットメーカー・土橋章宏著の小説『身代わり忠臣蔵』を映画化した本作。赤穂藩主に斬られ、あの世に行った吉良上野介にそっくりな弟の坊主・孝証が、お家存続のピンチを切り抜けるべく、上野介の身代わりとなって幕府をだます姿を描く。

 本作の主人公である三文芝居の怠け坊主・孝証と、その兄で江戸一イヤミな殿・吉良上野介の二役を演じるムロとの撮影時のエピソードを聞かれると、遊女の高尾太夫役を演じた橋本は「遊郭のシーンでご一緒したんですけど、本当にすごい気遣いの方で、一人ひとりに気を配られていて、1つ裏話があるんですけど……」と前置きをし、「待ち時間のときに私たちは座ったりしているんですけど、マネジャーさんたちは立っているときに、ムロさんが『マネジャーさんたちが立ってるのを見るの嫌だから座りな』って言って椅子を差し出してくださって、それにすごく感激してすばらしいなって。私もそうなりたいなって思いました」とムロを羨望の眼差しで見つめた。

 これに、ムロは「撮影現場でマネジャーさんたちが立ってるのってまったくプラスがないよね。せっかくだったら椅子に座ってほかの仕事だったり、明日の仕事の調整をしてもらったほうがいいから。寒い中、立っていても意味ないなと思って……」と照れつつ、「言っていただいてありがとうございます」と笑顔を見せた。

 また、撮影で大変だったことを尋ねられると、河合監督は、寒い日にムロが川に流されるシーンを撮ったことを明かし、ムロは「本当に寒い日でしたからね。2回で済むかなと思ったら4回ちょっとくらい流されて……」と苦笑し、「流されているときはまだいいんですよね。体が麻痺して慣れていくから。上がってからスタート地点に戻る間に1回心が折れ、命が途絶えそうになる……」と回顧。これに河合監督は「そのあとのムロさんの寒そうな演技はリアルです」と明かした。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください