秋ドラマ話題作 高畑充希主演の日テレ「同期のサクラ」ポスタービジュアルが完成

9日スタートの日テレ系ドラマ「同期のサクラ」(水曜・午後10時~)のポスタービジュアルが完成し、公開されている。同ドラマは「過保護のカホコ」制作チームが集結し、主演・高畑充希(27)と、脚本家・遊川和彦氏(63)が再びタッグを組んだ話題作だ。

高畑充希主演「同期のサクラ」ポスタービジュアル (C)日本テレビ
高畑充希主演「同期のサクラ」ポスタービジュアル (C)日本テレビ

脚本家・遊川和彦と再タッグ…「過保護のカホコ」制作チームが集結

 9日スタートの日テレ系ドラマ「同期のサクラ」(水曜・午後10時~)のポスタービジュアルが完成し、公開されている。同ドラマは「過保護のカホコ」制作チームが集結し、主演・高畑充希(27)と、脚本家・遊川和彦氏(63)が再びタッグを組んだ話題作だ。

 ポスタービジュアルは、高畑の1ショット画像で、全部で5種類のバージョンがある。ポスターに描かれたキャッチコピーは、「バカがつくほど正直で忖度知らずのサクラと、その同期たちの夢追う10年記。」と「まっすぐすぎて傷だらけ だけどサクラは今日も咲く。」の2つ。ポスターは山手線全駅などで掲載されていて、様々な種類の「傷だらけのサクラ」を探すのも楽しそうだ。

 物語は、花村建設の新入社員・北野サクラ(高畑)が、新人研修で同じ班になった同期の百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)と共に、配属先の決定に影響する課題に取り組むことから始まる。「故郷の離島に橋を架けたい」という夢のためには、決して忖度しない性格のサクラは、同期を巻き込み会社組織の中で、思わぬ事態を引き起こしていく。

高畑充希主演「同期のサクラ」ポスタービジュアル (C)日本テレビ
高畑充希主演「同期のサクラ」ポスタービジュアル (C)日本テレビ

(ENCOUNT編集部)