【M-1】さや香、ヤーレンズ、令和ロマン、最終決戦に進出決定

漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2023』(ABCテレビ・テレビ朝日系)の決勝戦が24日に放送された。最終決戦に進出する3組が、さや香、ヤーレンズ、令和ロマンに決定した。

決勝戦でネタを披露したさや香【写真:(C)M-1グランプリ事務局】
決勝戦でネタを披露したさや香【写真:(C)M-1グランプリ事務局】

10組が登場

 漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2023』(ABCテレビ・テレビ朝日系)の決勝戦が24日に放送された。最終決戦に進出する3組が、さや香、ヤーレンズ、令和ロマンに決定した。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 ファイナリストは、ダンビラムーチョ、カベポスター、くらげ、マユリカ、モグライダー、令和ロマン、さや香、真空ジェシカ、ヤーレンズ、敗者復活枠のシシガシラ。さや香が659点、ヤーレンズ654点、令和ロマンが648点でファイナル進出を決めた。

 トップバッターに、「転校」をテーマにした令和ロマン、2組目に「ハゲ」ネタのシシガシラ、3組目に「ブラジル人のホームステイ受け入れ」という独特なネタを披露したさや香。4組目に「怪奇現象」の話題を広げたカベポスターが登場した。

 折り返しの5組目に、「結婚生活での倦怠期」をテーマにしたマユリカ。6組目にヤーレンズの「引っ越し」ネタ。富澤は「ずっと笑っていられる」、松本も「ずっと面白いから、後半に笑いが減ったのは面白すぎて疲れてきたから。全ボケ、誰かにハマるようにできている」と大絶賛した。

 7組目に真空ジェシカが「B画館、G務所、映画泥棒」などのネタを小出し。8組目にダンビラムーチョ「副業」を絡めた歌ネタ、9組目にくらべがアイス&サンリオのキャラクター。ラストはモグライダーで「錦野旦」の歌ネタで爆笑をかっさらっていた。

 審査員はダウンタウンの松本人志、博多華丸の大吉、山田邦子、中川家の礼二、サンドウィッチマンの富澤たけし、ナイツの塙宣之の6人が続投し、新たに海原ともこが加わった。MCは今田耕司、上戸彩が務めた。

 10組の得点は下記の通り。

1組目:令和ロマン/648点
山田邦子(92)大吉(91)富澤たけし(94)塙宣之(93)海原ともこ(94)礼二(94)松本人志(90)

2組目:シシガシラ/627点
山田邦子(87)大吉(88)富澤たけし(91)塙宣之(90)海原ともこ(92)礼二(91)松本人志(88)

3組目:さや香/659点
山田邦子(98)大吉(94)富澤たけし(95)塙宣之(93)海原ともこ(96)礼二(94)松本人志(89)

4組目:カベポスター/635点
山田邦子(94)大吉(89)富澤たけし(88)塙宣之(89)海原ともこ(95)礼二(92)松本人志(88)

5組目:マユリカ/645点
山田邦子(92)大吉(90)富澤たけし(96)塙宣之(92)海原ともこ(92)礼二(92)松本人志(91)

6組目:ヤーレンズ/656点
山田邦子(93)大吉(91)富澤たけし(97)塙宣之(93)海原ともこ(96)礼二(93)松本人志(93)

7組目:真空ジェシカ/643点
山田邦子(90)大吉(95)富澤たけし(93)塙宣之(91)海原ともこ(91)礼二(91)松本人志(92)

8組目:ダンビラムーチョ/631点
山田邦子(93)大吉(89)富澤たけし(92)塙宣之(91)海原ともこ(90)礼二(89)松本人志(87)

9組目:くらげ/620点
山田邦子(89)大吉(87)富澤たけし(89)塙宣之(90)海原ともこ(89)礼二(90)松本人志(86)

10組目:モグライダー/632点
山田邦子(87)大吉(89)富澤たけし(90)塙宣之(91)海原ともこ(93)礼二(91)松本人志(91)

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください