西内まりや、合コンに興味「やってみたい」 えなこ「一生縁がないまま終わると思っていた」

お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇がMCを務めるバラエティー番組『ラブヶ原』(12月15日、DMM TV配信)の収録がこのほど、都内で行われ、終了後に取材会が実施された。

取材会に登壇した西内まりや【写真:ENCOUNT編集部】
取材会に登壇した西内まりや【写真:ENCOUNT編集部】

西内の開催希望場所はまさかの「LA」

 お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇がMCを務めるバラエティー番組『ラブヶ原』(12月15日、DMM TV配信)の収録がこのほど、都内で行われ、終了後に取材会が実施された。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 同番組は、数々の宴を盛り上げてきた男性芸人と、個性豊かな女性ゲストが繰り広げる“爆笑合コンリアリティーショー”。取材会には司会の吉村のほか、ゲストのコロコロチキチキペッパーズ、次長課長の河本準一、西内まりや、えなこ、吉田朱里が参加した。

「こういう形の収録が久しぶり」という西内は、「現場の空気温かかった。合コンの概念が変わりました。すごく興味が出ましたし、自分もいつかやってみたい」と興味津々。もし、合コンするならどこがいいか聞かれると「LA」と即答し、「この間一人で行ったんですよ。大好きな場所だからそこでやったら盛り上がっちゃうんじゃないかな?」と提案した。

 番組内では西内がとあるシーンで「覚醒する」場面もあるという。それを目撃した吉村は、「ハイブランドとの仕事しているじゃないですか。それ一切できなくなりますから」と言い切り、出演者を笑わせる場面もあった。

 また、えなこは「いままで合コンってものに触れてこなかった。縁がなかったし、陰キャだし一生縁がないまま終わると思っていた中、今回の収録に参加した。かわいい女の子があんなにグイグイいくんだって思ったし、勉強になった」と回想。吉田も「人が必死に人を落としにいっている瞬間を客観的に見るとめちゃくちゃ面白い。合コン経験がないので、こんなにゲスいんだって思いました。リアルな映像で面白かった」と収録の感想を語った。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください