伊藤健太郎、野球のシーンで水上恒司に物申す!? 「手が痛かったです」

俳優の伊藤健太郎が、28日に都内で行われた映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』(12月8日公開)の完成披露試写会に、福原遥、水上恒司、嶋崎斗亜、上川周作、小野塚勇人、出口夏希、松坂慶子、成田洋一監督らとともに登壇。水上との共演シーンについて言及した。

試写会に登壇した伊藤健太郎【写真:ENCOUNT編集部】
試写会に登壇した伊藤健太郎【写真:ENCOUNT編集部】

時代背景は1945年の初夏

 俳優の伊藤健太郎が、28日に都内で行われた映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』(12月8日公開)の完成披露試写会に、福原遥、水上恒司、嶋崎斗亜、上川周作、小野塚勇人、出口夏希、松坂慶子、成田洋一監督らとともに登壇。水上との共演シーンについて言及した。

 本作の原作は、シリーズ累計発行部数85万部突破となった汐見夏衛によるベストセラー『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』(スターツ出版文庫)。現代の女子高生・百合(福原)が1945年の初夏にタイムスリップし、そこで出会った彰(水上)に何度も何度も助けられ、徐々に惹かれていく。しかし、彼は特攻隊員で、程なくして出撃してしまうというストーリー。

 キャスト陣が一同に介するのは撮影時以来初の場ともなったが、スタートから和気あいあいと進んだ同イベント。司会者からも「仲の良さが伝わります」と突っ込まれると「野球のシーンで言いたいことがありまして!」と切り出した伊藤。「使わせてもらった道具も時代に合わせたもので、僕のグローブが薄かったんです。なのに、水上くんのボールがすごく速くて……! 手が痛かったです」と訴えるも笑顔を見せた。

 また、現場で伊藤が料理を振る舞ったエピソードもあがると「豚汁を! 寒い現場だったので、みんなで食べようと思って」と明かしていた。

※嶋崎斗亜の「崎」の正式表記はたつさき



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください