水上恒司、撮影中は弁当を持参 役作り徹底「カロリーを計算してがんばりました」

俳優の水上恒司が、28日に都内で行われた映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』(12月8日公開)の完成披露試写会に登壇した。

試写会に登壇した水上恒司【写真:ENCOUNT編集部】
試写会に登壇した水上恒司【写真:ENCOUNT編集部】

命がけで戦地に出撃する特攻隊員役

 俳優の水上恒司が、28日に都内で行われた映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』(12月8日公開)の完成披露試写会に登壇した。

 本作の原作は、シリーズ累計発行部数85万部突破となった汐見夏衛によるベストセラー『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』(スターツ出版文庫)。現代の女子高生・百合(福原遥)が1945年にタイムスリップし、そこで出会った彰(水上)に何度も何度も助けられ、徐々に惹かれていく。しかし、彼は特攻隊員で、程なくして出撃してしまうというストーリー。

 特攻隊員役を演じた水上は、撮影現場に弁当を持参。「この作品の前は体が大きかったので、役作りとして断食して、リセットされた体を撮影期間中はカロリーを計算して、弁当を作ってがんばりました」と明かした。

 さらに、「なので、みなさんとはあまりお弁当食べていないので、仲間外れ感が……」と吐露。ほかのキャスト陣から「そんなことないよ!」とフォローを受けながらも「今回の現場で出してもらったものは、一切食べていないです」と役作りの徹底ぶりを振り返った。

 イベントには水上のほか、福原、伊藤健太郎、嶋崎斗亜、上川周作、小野塚勇人、出口夏希、松坂慶子、成田洋一監督らが登壇した。

※嶋崎斗亜の「崎」の正式表記はたつさき



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください