【RIZIN】木村ミノル、ドーピング検査でまた陽性 「信じられん」「もう永久出場停止でいいよ」ブーイングの嵐

今年の大みそかに開催される格闘技イベント「RIZIN.45」の対戦カード発表が24日、都内で行われた。元K-1の木村ミノルの2回目のドーピング検査結果が発表され、再び「陽性」と公表された。これによって安保瑠輝也との対戦が消滅した。

木村”フィリップ”ミノル【写真:ENCOUNT編集部】
木村”フィリップ”ミノル【写真:ENCOUNT編集部】

安保戦が消滅、「使う方が悪くないか?」の声も

 今年の大みそかに開催される格闘技イベント「RIZIN.45」の対戦カード発表が24日、都内で行われた。元K-1の木村ミノルの2回目のドーピング検査結果が発表され、再び「陽性」と公表された。これによって安保瑠輝也との対戦が消滅した。

 木村を巡っては今年9月、RIZIN側が開いた会見で「筋肉増強剤」の成分を含む禁止薬物の使用が判明。使用の6月から半年間の出場停止処分のほか、ロクク・ダリにKO勝ちを収めた6月の試合が無効試合になることや罰金処分も発表された。

 今月11日に安保瑠輝也と大みそかに対戦することが電撃発表。榊原信行CEOからは2度目のドーピング検査が行われていることが明かされ、陽性の場合はこのカードは消滅し、陰性だった場合のみ実施するとされていた。

 そしてこの日、注目の検査結果が公表されたが、まさかの「陽性」。これには榊原信行CEOも「なんと陽性……。ちょっと笑うしかない。お粗末な結果になりました」と苦笑いするしかなかった。

 まさかの陽性という結果に、ネット上の格闘技ファンも大ブーイングだ。「もう永久出場停止でいいよ」「信じられん」「もう本当出すなよ」「木村ミノルvs安保見たかったなぁ」「これは使う方が悪くないか?」などの声が上がっている。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください