益若つばさ、撮影現場でGACKTの「顔が調子悪いときがあって…」 その真相とは?

映画『翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこて~』の初日舞台あいさつが23日、都内の劇場で行われ、GACKT、二階堂ふみ、加藤諒、益若つばさ、堀田真由、お笑いコンビ・野性爆弾のくっきー!、高橋メアリージュン、川崎麻世、藤原紀香、武内英樹監督が登壇した。

初日舞台あいさつに登壇した益若つばさ【写真:ENCOUNT編集部】
初日舞台あいさつに登壇した益若つばさ【写真:ENCOUNT編集部】

クランクインは「麗さまが草加せんべいを踏むか、踏まないかのシーン」

 映画『翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこて~』の初日舞台あいさつが23日、都内の劇場で行われ、GACKT、二階堂ふみ、加藤諒、益若つばさ、堀田真由、お笑いコンビ・野性爆弾のくっきー!、高橋メアリージュン、川崎麻世、藤原紀香、武内英樹監督が登壇した。

 原作は魔夜峰央氏による漫画。2019年に初めて実写化され、その続編となる本作は埼玉を飛び出して日本全土を巻き込む天下分け目の東西ディスり対決が展開される。

 前作に引き続き、GACKT演じる麻実麗の家政婦・おかよを演じた益若。前作が演技初挑戦の場で、クランクインが「麗さまが草加せんべいを踏むか、踏まないかのシーン」だったという益若は、「どんな感情で演じたらいいか分からず、何をしたらいいんだろうって監督に相談した。そしたら『大河ドラマのような気持ちでやってほしい』と言われて。生きるか死ぬかのシーンだったので、戦争映画を見ていろんな感情で一生懸命演じた」と振り返った。

 本作では関西弁にも挑戦。益若は「麗さまが関西弁をしゃべるシーンがあって、そのリハーサルのときGACKTさんの顔の調子が悪いときがあって……」と告白。「こういう顔のとき、ありましたよね?」と再現し、変顔をしてみせると会場は爆笑に。加藤は「GACKTさんが怖くて目が見られなかったです」と益若の大胆さに驚いていた。

「顔の調子が悪かった」のには理由があり、GACKTの「関西弁を話すならあごを出したらいいのかな」という考えから、あごを出して撮影に臨んでいたという。益若が「すごく一生懸命あごを出されていた」と話すも、GACKT本人は「いやぁ覚えていないですね……」とコメントした。

 この日、琵琶湖の最大浸水104メートルにちなみ、滋賀発祥の交通安全型の人看板「とびだしとび太」に扮した104人の子どもたちが登場する場面も。大勢の子どもたちがステージに上がり、場を盛り上げたが、GACKTは「『可愛いな』と思って後ろを振り返ったら、誰も目を合わせない。結構それなりに傷付いている……」としょんぼり。すると、司会のフジテレビ佐野瑞樹アナウンサーから「しっかりGACKTさんの目を見てあげてください」と注意喚起がなされていた。

※川崎麻世の「崎」の正式表記はたつさき



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください