林遣都、「一番嫌な部分」コロナ経て克服「自分らしくていいんじゃないかと思って」

俳優の林遣都が22日、都内で行われた主演映画『隣人X -疑惑の彼女-』(12月1日公開)の公開直前イベントに主演の上野樹里、熊澤尚人監督とともに出席。以前は「ちょっとした人の言葉だったり、常に人の顔色をうかがったり気にするところがあって、ずっとそんな自分が嫌だったんです」と告白した。

公開直前イベントに登壇した林遣都【写真:ENCOUNT編集部】
公開直前イベントに登壇した林遣都【写真:ENCOUNT編集部】

主演映画『隣人X -疑惑の彼女-』公開直前イベント

 俳優の林遣都が22日、都内で行われた主演映画『隣人X -疑惑の彼女-』(12月1日公開)の公開直前イベントに主演の上野樹里、熊澤尚人監督とともに出席。以前は「ちょっとした人の言葉だったり、常に人の顔色をうかがったり気にするところがあって、ずっとそんな自分が嫌だったんです」と告白した。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 同作は「第14回小説現代長編新人賞」を受賞したパリュスあや子氏による小説が原作。紛争のため故郷を追われた“惑星難民X”があふれる世界が舞台。週刊誌記者の笹憲太郎(林)は、正体を隠してX疑惑のかかった柏木良子(上野)に近づくも、やがて2人に恋心が芽生えていく……というストーリーが展開される。

 この日、自分らしく生きるために心がけていることを問われて林は「一番嫌な部分だったんですけど、コロナがあって、世の中全体がいっぱい傷ついて、悲しいことがたくさんあって、ちょっと疲れちゃった世の中になったときに、もっと自分の嫌な部分をちゃんと肯定できるような考えを意識的に持とうと思った」と説明。

 続けて「例えばすごい人の顔色をうかがったりするのは、見方を変えると、すごく人の気持ちを理解しようと自分はしてるんだって、思うようにしたりだとか。自分を否定しないこと、卑下しないこと、もっと自分を甘やかす時間があっていいんじゃないかなと思っている。人に迷惑をかけたり誰かを傷つけたりしていなければ、自分が見えていたらいいんじゃないかな。自分らしくていいんじゃないかと思って生きています」と話した。

 同じ問いに上野は「余白を持つことですかね。情報が錯綜(さくそう)していて、日々新しい情報が更新されている。良子ってあまり携帯を見たりしていない。本読んだりとか、タイムレスな生き方をしている。ああいった、時間とか大事なのかなと思います。余白を持たないと見えないもの、感じれないものがある。そう思います」と持論を語った。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください