乃木坂46、『おひとりさま天国』と新曲『Monopoly』披露 雰囲気のちがう2曲で会場を魅了

アイドルグループ乃木坂46が22日、横浜市のKアリーナ横浜にて開催された「MTV VMAJ」に登場した。

パフォーマンスを披露した乃木坂46【写真:上山陽介】
パフォーマンスを披露した乃木坂46【写真:上山陽介】

『おひとりさま天国』で登場

 アイドルグループ乃木坂46が22日、横浜市のKアリーナ横浜にて開催された「MTV VMAJ」に登場した。

「MTV VMAJ」は、全米最大規模の音楽授賞式「MTV Video Music Awards」の日本版として、2002年から開催されている授賞式とライブを融合した音楽アワード。今年で22回目の開催を迎える。音楽シーンの多岐にわたる部門において最も優れた作品を発表する“ミュージックビデオの祭典”として、毎年賞の行方が注目されている。対象期間内(22年10月1日~23年9月30日)に発表された作品から、各部門の最優秀作品と特別賞と「Video of the Year」を発表する。

 乃木坂46は、『おひとりさま天国』でBest Group Video -Japan-を受賞。8月23日にグループ33作目のシングルとして発売した楽曲で、5期生の井上和が初のセンターを務めた。ミュージックビデオでは、乃木坂46のメンバーが全員バラバラの“おひとりさま”を満喫することをテーマに撮影。本人の私物がセットに飾られているメンバーもおり、見どころの一つとなっている。

 乃木坂46のキャプテンを務める梅澤美波は、トロフィーを受け取ると「この『おひとりさま天国』という曲は、夏のツアーでの披露を通して、育ててきました。MVもメンバーの趣味嗜好(しこう)に寄り添って、和気あいあいと撮影したので、たくさんの方に見ていただけてうれしいです。感謝の気持ちを込めて、パフォーマンスさせていただきます。すてきな賞をありがとうございます」と笑顔で感謝を伝えた。

 また、観客に向けて「曲の中で『ヘイ!』という掛け声があるので、一緒に盛り上がっていただけたらを思います」と呼びかけた。

 実際の『おひとりさま天国』のパフォーマンスでは、全力の「ヘイ!」という掛け声と両腕を高くあげる振り付けで会場を盛り上げた。

 さらに、12月6日発売の34枚目シングルとなる新曲『Monopoly』も披露。賀喜遥香と遠藤さくらによるダブルセンターでフォーメーションが組まれた曲となっている。指先までを視線で追いたくなるような振り付けと切ない表情で歌い踊り、1曲目の明るい雰囲気とはちがうギャップのある2曲で会場を魅了した。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください