朝倉未来、試合後はコメントせず 脳震とうで会見キャンセル…YA-MANに77秒KO負けのダメージ色濃く

MMAファイターの朝倉未来が、キックボクサーのYA-MANに1R1分17秒KO負けを喫した。この試合は未来にとってプロキックボクシングデビュー戦で、7月30日の「超RIZIN.2」で敗れて以来の“再起戦”だったが、衝撃的な結末となった。未来は試合後の記者会見には姿を見せなかった。

YA-MANの打撃に沈んだ朝倉未来【写真:(C)RISE CREATION】
YA-MANの打撃に沈んだ朝倉未来【写真:(C)RISE CREATION】

同門・白川は「まともに会話できる状況じゃない」と説明

格闘技イベント「FIGHT CLUB」(19日、ABEMA PPV ONLINE LIVEにて全試合生中継)第7試合、70キロ契約

 MMAファイターの朝倉未来が、キックボクサーのYA-MANに1R1分17秒KO負けを喫した。この試合は未来にとってプロキックボクシングデビュー戦で、7月30日の「超RIZIN.2」で敗れて以来の“再起戦”だったが、衝撃的な結末となった。未来は試合後の記者会見には姿を見せなかった。

 相手の土俵に上がった未来だったが、何もできずに終わった。主導権をYA-MANに握られた。開始1分、コーナーを背負うと、右ストレートで終わるコンビネーションを当てられダウンを喫する。

 何とか立ち上がったが、その後YA-MANのラッシュを被弾し続け、レフェリーが試合を止められた。

 試合後の記者会見には姿を見せず、関係者は脳震とうのためと説明。救急車は呼んでいないという。

 この試合の前にリングに上がり、木村“ケルベロス”颯太とドローだった、同じジャパン・トップ・チーム(JTT)所属の白川陸斗は、未来の状態について「ダウンしちゃうと記憶飛んじゃう。『YA-MANと試合したの?』みたいな状況。まともに会話できる状況じゃない」と深刻な状況を説明していた。

 同イベントは、格闘家のYA-MANがプロデューサーを務める新格闘技イベント。ルールは「オープンフィンガーグローブ(OFG)を使用、攻撃はパンチ、キック、ヒザ蹴りのみ。時間は3分×3Rの延長戦なし(インターバルは60秒)」となっている。この試合は判定を行わず、3R終了時点で決着がついていない場合はドロー決着。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください