矢作穂香 女優デビュー10周年で初ショット挑戦「寝る前に腹筋100回やっていました」

今年で女優デビュー10周年を迎えた矢作穂香(22)が28日、都内でファースト写真集「I’m just me」(ワニブックス)の発売記念イベントを行った。

ファースト写真集を出版した矢作
ファースト写真集を出版した矢作

ファースト写真集「I’m just me」発売記念イベント

 今年で女優デビュー10周年を迎えた矢作穂香(22)が28日、都内でファースト写真集「I’m just me」(ワニブックス)の発売記念イベントを行った。

 撮影はかつて自身が出演した映画「花筐」のロケ地となった佐賀県唐津市で行われたが、矢作は「2年前に映画で撮影した場所。ここはイカが有名なんですが、映画の撮影のときにイカを食べられなくて、すごく悔しかった。今回の撮影ではそのイカが食べられたのでうれしかったです」と笑顔をみせた。

初めてのショットにも挑戦
初めてのショットにも挑戦

 お気に入りのカットについて聞かれると、「ベッドに座っているカットです。実はこの撮影のときにベッドの角に足をぶつけてしまったんです。本当に痛くて、痛くて大変でした。でもその痛がっている姿をカメラマンさんが気に入ってくれたので写真集に入れることにしました。痛がっているリアルな感じが伝わると思います」と紹介した。

 写真集ではセクシーなカットにも挑戦。「今まで下着や水着の撮影をしたことがなかったので、22歳の私が新しい顔をしているな、と新鮮な気持ちになれました。新しい自分に会えたことがうれしかったです」と喜んだ。ただ、慣れないセクシーカットの撮影で恥ずかしかったという。「人生初の手ブラに挑戦しました。すごくきれいな写真なのでよかったですけど、写真から恥ずかしさは伝わってこないと思います」と明かした。

腹筋もかなり鍛えたという
腹筋もかなり鍛えたという

 今作は露出度の高い写真集なので、撮影前にはしっかりダイエットにも取り組んだ。「写真集ではこれまで出すことがなかったお腹を出さなきゃいけなかったので、撮影前にはめちゃくちゃ腹筋を頑張りましたよ。寝る前に100回はやっていましたね。気が付いたら腹筋をするのが当たり前になっていて、いつの間にかに筋トレが好きになって、週に3~4日のペースで筋トレをするようになりました。今では腹筋が割れていますよ」と笑顔を見せた。

(ENCOUNT編集部)