氷川きよし「自分が苦しんだり悩んだりしたことを歌にして、真実を歌いたい」

歌手の氷川きよし(42)が23日、東京・文化放送で特別企画「氷川きよし20周年記念・文化放送20時間スペシャル」を開催した。同企画は、氷川が2000年2月2日に「箱根八里の半次郎」でデビューして今年で20周年を迎えたことを記念したもの。午前5時から放送されている「おはよう寺ちゃん活動中」から延べ20時間、同局の番組に出演するだけでなく、「氷川きよし天気予報」と題して、天気情報コーナーにも登場した。

今年で20周年を迎える氷川きよし
今年で20周年を迎える氷川きよし

特別企画「氷川きよし20周年記念・文化放送20時間スペシャル」で心情を吐露

 歌手の氷川きよし(42)が23日、東京・文化放送で特別企画「氷川きよし20周年記念・文化放送20時間スペシャル」を開催した。同企画は、氷川が2000年2月2日に「箱根八里の半次郎」でデビューして今年で20周年を迎えたことを記念したもの。午前5時から放送されている「おはよう寺ちゃん活動中」から延べ20時間、同局の番組に出演するだけでなく、「氷川きよし天気予報」と題して、天気情報コーナーにも登場した。

 氷川は「番組では自然体で言いたいこと言わせてもらいながら楽しんでいます」と番組を楽しんでいる様子。20時間という長い時間を走り抜けるコツについて聞かれると「あまりテンション上げたり頑張ろうとするともたないので、ナチュラルにフラットな感じで頑張りすぎないことですかね。もともと穏やかでやさしい子なので、その状態を保ってマイペースでやるのが一番だなと思っています」と話した。

目指すは“歌手・氷川きよし”
目指すは“歌手・氷川きよし”

今後の目標は“演歌歌手”ではなく“歌手・氷川きよし”

 今後の目標について聞かれると、「演歌歌手ではなく歌手・氷川きよしになったらうれしいですね。必ず紙面などで“演歌歌手・氷川きよし”と書かれるので、普通に“歌手・氷川きよし”だったらうれしいです。アーティストというとおこがましいですけど、カテゴライズされないように発信していきたいです。もちろん演歌も歌っていきますけど、自分を表現する手段として違ったものも表現して、自分の人生を歌っていきたいし、自分が苦しんだり悩んだりしたことも歌にして、真実を歌いたい。自分ありきじゃないと歌って表現できない。色とりどりの氷川きよしを表現できるようになりたいです」と熱く語った。

紅白出場に夢が膨らむ
紅白出場に夢が膨らむ

 今年も紅白歌合戦に出場に期待がかかっているが「出られるかどうかはわかりませんけど、もし出られたら出させていただくだけでありがたいです。また、そこから次のステップに行くためには、違うジャンルもやってみたい。『限界突破×サバイバー』(アニメ「ドラゴンボール超」の主題歌)もNHKさんで歌わせていただいたりして、こういう衣装でやりたいな、とか次から次に夢が広がっています。自分が持っているものを全部発揮できる気がします」と意気込んだ。

(ENCOUNT編集部)