スカパラがFC東京のクラブ創立25周年記念試合へ 10.1“都民の日”に東京を盛り上げる

9月にニューヨークやカリフォルニアでのアメリカツアーを終えた日本を代表するスカバンド「東京スカパラダイスオーケストラ(スカパラ)」が、今度は日本の首都・東京を盛り上げる。

J1リーグ戦の試合前スペシャルライブに登場する東京スカパラダイスオーケストラ
J1リーグ戦の試合前スペシャルライブに登場する東京スカパラダイスオーケストラ

FC東京対G大阪の試合前にスペシャルライブを実施

 9月にニューヨークやカリフォルニアでのアメリカツアーを終えた日本を代表するスカバンド「東京スカパラダイスオーケストラ(スカパラ)」が、今度は日本の首都・東京を盛り上げる。

 10月1日の都民の日に味の素スタジアム(東京都調布市)で行われるサッカーJ1リーグ第29節FC東京対ガンバ大阪戦の試合前スペシャルライブにスカパラが登場する。

 スカパラは、2003年に初めてFC東京の試合会場である味の素スタジアムでライブを行い、2004年、2009年にもライブを行っている。

 さらにFC東京設立15周年の2011年と設立20周年の2018年という節目のタイミングでもライブで会場を盛り上げており、今回は設立25周年の節目の年、さらに設立記念日の当日かつ都民の日という「東京」尽くしの日にライブで東京と試合を盛り上げてくれることは間違いない。

 FC東京のファンとしても有名なメンバーの川上つよしは、クラブ公式X(旧ツイッター)で「2003年、今から20年前にJ1開幕戦でスペシャルライブをやらせてもらいました。そこから節目節目でライブをやらせてもらっています。これまでに5回実施してきました。そしてなんと今年、クラブ設立25周年ということで、きたる10月1日のガンバ大阪戦で、また我々スカパラがスペシャルライブをやらせていただきます! どうかみなさん、味スタに足を運んでください。一緒に応援しましょう!」と意気込みを語っている。

 スカパラの楽曲はFC東京のファン・サポーターがスタジアムで歌うチャントの原曲にもなっており、クラブ設立25周年という記念の日に彼らがどのような楽曲を演奏するのか注目だ。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください