野球新番組で吉田明世アナが王さんに仰天オファー ナイツは巨人コーチ陣に熱視線

10月から新たに配信スタートするAmazonプライムビデオの新番組「プロ野球 そこそこ昔ばなし」の初回公開収録が19日、都内で行われ、メーンMCを務めるお笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(41)、土屋伸之(40)と、進行を務める元TBSでフリーアナウンサーの吉田明世(31)が取材会に参加した。1980~90年代のプロ野球界の裏側にスポットを当てる、新たなスタイルのトークバラエティ番組への意気込みを語った。

(左から)ナイツの塙宣之、土屋伸之と、吉田明世
(左から)ナイツの塙宣之、土屋伸之と、吉田明世

Amazonプライムビデオ「プロ野球 そこそこ昔ばなし」 10月18日から配信開始

 10月から新たに配信スタートするAmazonプライムビデオの新番組「プロ野球 そこそこ昔ばなし」の初回公開収録が19日、都内で行われ、メーンMCを務めるお笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(41)、土屋伸之(40)と、進行を務める元TBSでフリーアナウンサーの吉田明世(31)が取材会に参加した。1980~90年代のプロ野球界の裏側にスポットを当てる、新たなスタイルのトークバラエティ番組への意気込みを語った。

 同番組は、10月18日から配信開始で、全15話を予定。プロ野球界のひと昔前の80~90年代に着目。当時の選手への待遇や球場設備などの環境格差、上下関係や女性ファンからのモテ事情、名勝負の裏側といった人知れず存在した“球界裏事情”を、元プロ野球選手や野球に詳しいゲストを中心に楽しく語るトークバラエティだ。

 大の野球ファンを公言するナイツと、スポーツ番組を初めて担当する吉田のほか、レギュラーゲストとして元プロ野球選手で現在は野球解説者、コメンテーターとして活躍中の金村義明(56)が番組を盛り上げる。

Amazonプライムビデオの新番組「プロ野球 そこそこ昔ばなし」
Amazonプライムビデオの新番組「プロ野球 そこそこ昔ばなし」

 初回収録を終えたナイツの塙は「自分が思っていた以上にパ・リーグがひどかった。嘘のようだけど本当の話ということで。楽しかったです」と話した。土屋は「いろいろな貧乏話をバラエティーでやってきていますけど、毛色が違う。華やかなプロ野球界だからこそ際立つ。ディープな話がめちゃくちゃ面白い」と応じた。

 今後、共演したいプロ野球OBについて聞かれると、土屋は、巨人の元木大介コーチと宮本和知コーチの名前を挙げ、「面白い人がいまコーチをやっている。早くお辞めになってくれないかな」。すかさず塙が「辞めないでしょう、(現在首位で)結果を残しているから」とツッコミを入れた。
 
 吉田は「それこそ野球に詳しくないので、ビッグな方しか……王(貞治)さん。来てほしいな」と仰天オファー案を明かした。塙は「NHKの『球辞苑』という番組で、王さんにファーストのことだけを聞いたら、王さんがものすごく機嫌がよくなったんです。今までホームランの話しか聞かれたことがなかったから。この番組もその感じで、意外にいけるんじゃないかな。王さんに裏話をただ聞くというだけで。聞けていない話はまだいっぱいあると思うんですよ」と、意欲を示した。

(ENCOUNT編集部)