【VIVANT】元宝塚トップスターの珠城りょう、“別班”役に「自衛隊の訓練映像をネットで調べた」

俳優の堺雅人が主演を務めるTBS系連続ドラマ『VIVANT(ヴィヴァン)』(日曜午後9時)の第7話が27日に放送される。別班、公安、テントの対立構造が浮き彫りになっていく中、第6話では、新たに4人の別班メンバーが明かされた。その中で紅一点として出演する元宝塚トップスターの珠城りょうのインタビューが到着した。

ドラマ『VIVANT』に出演する珠城りょう【写真:(C)TBS】
ドラマ『VIVANT』に出演する珠城りょう【写真:(C)TBS】

第6話では7人の“別班”メンバーが集結

 俳優の堺雅人が主演を務めるTBS系連続ドラマ『VIVANT(ヴィヴァン)』(日曜午後9時)の第7話が27日に放送される。別班、公安、テントの対立構造が浮き彫りになっていく中、第6話では、新たに4人の別班メンバーが明かされた。その中で紅一点として出演する元宝塚トップスターの珠城りょうのインタビューが到着した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

『半沢直樹』をはじめ、数々の大ヒットドラマを手がけてきた福澤克雄氏の企画・監督による最新作。堺のほか、阿部寛、二階堂ふみ、松坂桃李、役所広司という全員主役級の日曜劇場史上最も豪華な主要キャストでも話題となっている。さらに、二宮和也、林遣都、高梨臨やモンゴル出身俳優陣、ハリウッド俳優のマーティン・スターらバラエティーに富んだ面々が出演する。

 物語のキーとなるのは“別班”の存在だ。第6話では、堺(乃木憂助)、松坂(黒須駿)のほか、市川笑三郎、平山祐介、西山潤、珠城演じるメンバー6人が司令の櫻井里美(キムラ緑子)のもとに集結した。今後、このメンバーがどのような動きを見せるかにも注目が集まる。

 珠城のインタビューは下記の通り。

――『VIVANT』への出演が決まったときのお気持ちをお聞かせください。

「前回の『マイファミリー』に続き、また日曜劇場に出演させていただけるということを、とてもうれしく思いました。7月期で豪華な俳優さんたちの出演する大きなプロジェクトがあるということはうわさで耳にしていたのですが、まさかそこに自分が関われるとは思ってもいませんでした。貴重な機会をいただけたことに、とても感謝しています」

――役を演じるにあたり、意識されたことはどんなところですか。

「“別班”は自衛隊の精鋭部隊なので、まずはきちんと訓練されているように見えなくてはと思い自衛隊の訓練映像をネットで調べ、“10度の敬礼”などの所作を事前に勉強しました。実際に動く別班員で、女性は私だけでしたので、他の方々にひけを取らないような動きが求められるのだろうと、あれこれイメージトレーニングしつつ、撮影に挑みました」

――撮影現場で印象に残っていることはありますか。

「現場には自衛隊の動きを指導する専門家の方もいらっしゃって、敬礼、立ち方から足のそろえ方まで、すべて教えてくださったので、とにかくそれを何度も練習しました。第6話の最後に別班員が集まるシーンでは、福澤(克雄)監督から、『スッと立つ動きにスピード感がほしい』と要望をいただいたので、撮影の合間に立つ練習と敬礼の練習をずっと1人でやっていました(笑)。撮影では、乃木さんの空気を感じつつ、みんなで動きを合わせるというのを意識しました。顔の角度、どのタイミングで司令の櫻井さん(キムラ緑子)を見るのか、立ち上がるタイミング、座るタイミングなどを合間に相談しながら撮影を進めていきましたね」

――主演の堺雅人さんとはどんな話をされましたか。

「堺さんはセリフも多くて誰よりも大変なはずなのですが、いつも周りに気を配っていらっしゃいました。撮影の合間に、『宝塚にいたんですよね?』『今はどういう舞台をされているんですか?』と私にまで気さくに話しかけてくださったので、一気に緊張がほぐれました。また、細かいお芝居やセリフのトーン、舞台と映像の芝居の違いなど、いろいろと相談に乗っていただき、私にだけではなく他のキャストの方とも積極的にコミュニケーションを取っていらして座長としてもなんて素晴らしい方なのだろうと感激しました」

――原作と演出を務めている福澤監督の印象をお聞かせください。

「現場での福澤さんの振る舞いを見ていて、“俳優のことを育てよう”と、強く思ってくださっている方だという印象を受けました。映像作品の経験が少なかった私に、『最初はうまくいかないこともあると思うけど、慣れだと思うし舞台を基礎にやってる人は絶対に強いから、とにかくこの仕事を続けなさい』と、演じ方を含め、今後どういう役者になりたいのか、私には何が足りないのか、アドバイスをくださり、とても励みになりました」

――毎週楽しみに観ている視聴者にメッセージをお願いします。

「これだけのキャストの方々が熱を注いで、スタッフさんも沢山支えてくださって、そのチームの一員として撮影に参加できたことが本当に幸せでした。私も毎週、楽しく拝見していますが、多くの方々が注目して、いろいろな考察をしてくださっているのを見ると改めて視聴者の皆さんに支えられていることを感じます。私の顔と名前も覚えていただけたら嬉しいです(笑)。最終回に向けて、さらに目が離せない展開が待っていますので、引き続きいろいろな想像、考察をしながら『VIVANT』を楽しんでいただけたらと思います」

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください